スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 歴史上の科学者がイケメンになって登場!「タイムトラベル少女」7月9日放送スタート

2016年6月4日 22:00

歴史上の科学者がイケメンになって登場!「タイムトラベル少女」7月9日放送スタート

「タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~」キービジュアル

「タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~」キービジュアル

イメージを拡大

ファラデーやヘルツ、エジソンら実在の科学者や発明家がイケメンキャラになって登場するアニメ「タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち」が、7月9日午前7時から、テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビ北海道、テレビせとうち、TVQ九州放送でスタートすることが決定した。全12回放送を予定。

同作は、科学史家の板倉聖宣が編さんした「発明発見物語全集~磁石と電気の発明発見物語」を原典とし、史実をなぞりながら、新たなドラマ性を加えて描かれる完全オリジナルストーリー。エジソンら著名な科学者や発明家がイケメンキャラになって登場し、過去に飛んだヒロインたちと涙あり笑いありのドラマを繰り広げる。

過去と現代を行き来できるようになったヒロインの早瀬真理(マリ)を豊崎愛生、水城和花(ワカ)を寿美菜子が演じるほか、早瀬晶役として戸松遥、黒木さつき役として高垣彩陽の出演も決定しており、2012年に放送された「夏色キセキ」以来、メインキャストとしては4年ぶりに声優ユニット「Sphere(スフィア)」が結集する。そのほか、森川智之、木島隆一、福緒唯、井上喜久子、山下大輝、坪井智浩、大川透、三木眞一郎、中村大樹、森久保祥太郎、遊佐浩二、前野智昭、石田彰、羽多野渉が出演予定だ。

スタッフは、監督・シリーズ構成を「地球(テラ)へ…」「薄桜鬼」シリーズのヤマサキオサムが務める。脚本はヤマサキに加え、「新テニスの王子様」の広田光毅、「少年メイド」の中村能子、実写映画「アイズ」の久保幸湖が担当。キャラクターデザインと総作画監督は「おとぎストーリー天使のしっぽ」の小林多加志、オープニング主題歌「希望TRAVELER」を、「おそ松さん」の「A応P」が歌うことも決定している。

また、同作の放送を記念して、公式Twitterをフォロー&リツイートすると、ヤマサキ監督のサイン入り第1話アフレコ台本が5名にブレゼントされるキャンペーンが、6月17日まで実施中。

場面カット

フォトギャラリー

  • 「タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~」キービジュアル
  • 場面カット

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ