スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「僕のヒーローアカデミア」テレビシリーズ完全版の上映と秘蔵トークで展開するイベントが開催

2016年10月21日 22:00

「僕のヒーローアカデミア」テレビシリーズ完全版の上映と秘蔵トークで展開するイベントが開催

秘蔵トークが炸裂!

秘蔵トークが炸裂!

イメージを拡大

テレビアニメ第2期が鋭意制作中の「僕のヒーローアカデミア」のイベント「『僕のヒーローアカデミア』第1期上映会&秘蔵トークショー vol.1」が、東京・TOHOシネマズ日本橋で開催された。

テレビシリーズ第1期が4月から6月にかけて放送された「僕のヒーローアカデミア」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の堀越耕平氏による漫画が原作。何らかの個性(特殊能力)を持つ超人が総人口の8割を占める世界を舞台に、個性を持たない少年・緑谷出久(デク)が、憧れのヒーロー、オールマイトに出会ったことをきっかけに、最高のヒーローを目指して奮闘する姿を描く。BS11では第1期を再放送中。

イベントでは、テレビシリーズ第1期全13話のうち第1話~第4話を放送時よりクオリティアップした完全版として上映。その後、デク役の山下大輝、爆豪勝己役の岡本信彦、「週刊少年ジャンプ」編集部の門司健吾によるトークショーが展開された。

門司はアニメ化が決定したときの堀越氏の反応について「アニメ化を目標のひとつにしていたそうで、キャラクターデザインが、堀越先生大ファンの馬越嘉彦さんだということに恐縮しながらも、とても喜んでいました」と振り返った。また、本編のアフレコ前にプロモーションビデオでデクを初めて演じた山下は「原作が大好きで、ファンのみなさんの大きな期待感も感じていたので、とにかく緊張しました」と胸中を明かした。

イメージを拡大

話題が11月27日と12月4日に開催される「ジャンプスペシャルアニメフェスタ 2016」で公開予定の完全新作アニメに移ると、門司は堀越氏自らストーリー原案を手がけたことについて「『どんな話かを数行くらいの文章で』とお願いしたにも関わらず、なかなかいただけないのでおかしいなと思っていたら、なんと50ページほどのネームが完成していました」と苦笑い。その熱意に山下と岡本も「作品への愛を感じます!」と感激していた。

また、制作中のテレビシリーズ第2期の絵コンテも一部公開された。第2期の最初のエピソードとなる「雄英体育祭」では、これまで以上に多くのキャラクターが登場し、ひとつのカットの中でも、キャラクターがそれぞれに特徴ある動きを見せるシーンが多くなるという。また、岡本がスクリーンに映し出された勝己のカットを「今まで攻撃することだけで自分を形成してきた爆豪の成長ぶりが見られるシーン」と紹介しする一幕も。

なお、次回イベント「『僕のヒーローアカデミア』第1期上映会&秘蔵トークショー vol.2」は、11月18日に開催予定で、テレビアニメ第1期の第5話~8話が上映される。登壇者や場所などの詳細は後日発表。

イベント情報・チケット情報

TVアニメ第2期へPlus Ultra<プルスウルトラ>! 「僕のヒーローアカデミア」第1期上映会&秘蔵トークショー vol.2 Check-in0
開催日
2016年11月18日(金)
時間
20:00開始
場所
TOHOシネマズ新宿(東京都)
出演
佐倉綾音, 石川界人, 岡村和佳菜

フォトギャラリー

  • 秘蔵トークが炸裂!
  • 第5巻展開図

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ