スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 【週末興行ランキング】「君の名は。」首位返り咲き、「この世界の片隅に」は7位浮上で15億円突破

ニュース 2017年1月24日(火)19:00

【週末興行ランキング】「君の名は。」首位返り咲き、「この世界の片隅に」は7位浮上で15億円突破

「君の名は。」が首位返り咲き

「君の名は。」が首位返り咲き

(C) 2016「君の名は。」製作委員会

イメージを拡大

1月21~22日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。「君の名は。」が、昨年11月19日・20日のランキングから9週間ぶりに首位に返り咲いた。年末年始の週末に再び興収2億円台まで数字を戻し、他の作品が数字を落としていく中で、前週に引き続き動員12万人、興収1億7000万円台をキープしている。公開22週目、150日間で累計動員は1815万人、興収は235億円を突破。国内歴代興収3位の「アナと雪の女王」の興収254億8000万円に迫っている。韓国でも公開19日目に累計動員数が300万人を突破し、「ハウルの動く城」(04年)を抜いて韓国で公開された日本のアニメ映画の興行成績No.1になった。

「この世界の片隅に」は、公開スクリーン数が198まで拡大し、週末2日間で動員7万人、興収9200万円をあげ、これまでの週末最高値を記録。前週の8位から7位にランクアップし、11週連続10位内をキープ。累計動員は110万人、興収は15億円を突破した。1月28日には全国上映劇場で、第3弾オリジナルポストカード(数量限定・非売品)来場者プレゼントを実施する。各映画賞受賞やノミネートが続いており、まだまだ数字を伸ばしそうだ。

前週首位スタートを切った「本能寺ホテル」は2位に、「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」は5位から8位に後退している。

新作では、「ヤングマガジン」連載の和久井健による人気コミックを園子温監督、綾野剛主演で実写映画化した「新宿スワン」の続編「新宿スワンII」が3位に初登場。4位には「沈黙 サイレンス」、5位には「ザ・コンサルタント」がランクイン。「黒執事 Book of the Atlantic」は惜しくも圏外の11位スタートとなった。

作品情報

君の名は。

君の名は。 Check-in24

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「君の名は。」が首位返り咲き

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ