スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > DMMがアニメレーベル設立 4月放送「有頂天家族2」から本格参入

2017年3月14日 22:00

DMMがアニメレーベル設立 4月放送「有頂天家族2」から本格参入

DMMがアニメ事業に参入

DMMがアニメ事業に参入

イメージを拡大

DMM.comがアニメーションレーベル「DMM pictures」を設立し、4月スタートのテレビアニメ「有頂天家族2」からアニメ事業に参入することを発表した。

同社の代表取締役社長である片桐孝憲氏は、新ビジネスを開始する意図を「世界で通用するIPを創出するため、 アニメーションレーベル『DMM pictures』を設立いたしました。今後、海外でのコンテンツビジネスの最大化及び日本のアニメーション文化の認知向上に貢献できるよう努めていきます」と語っている。

同レーベルでは、アニメ作品のライセンスビジネスや製作委員会への参画を行う。放送中の「DIVE!!」の製作委員会に加わり、Production I.G制作の「銀河英雄伝説」(放送時期未定)においては海外権及び、国内の一部ライセンスを取得。その他のラインナップは、4月放送の「喧嘩番長 乙女 Girl Beats Boys」、7月スタートの「捏造トラップ」を予定している。

作品情報

有頂天家族2

有頂天家族2 Check-in24

京都・下鴨神社、糺ノ森に暮らす下鴨家。狸界の頭領であった今は亡き父・総一郎の血を継ぐ四兄弟たちは、タカラヅカ命の母を囲んでそれなりに楽しく暮らしていた。
総一郎の「阿呆の血」を色濃く継いだ三男・...

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ