スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「けものフレンズ」が東武動物公園とコラボ!飼育員による動物ガイドも開催

2017年4月12日 12:00

「けものフレンズ」が東武動物公園とコラボ!飼育員による動物ガイドも開催

ワシミミズク

ワシミミズク

(C)けものフレンズプロジェクトA

イメージを拡大

テレビアニメ「けものフレンズ」と東武動物公園がコラボレーションし、同園内でさまざまな催しが行われることが決まった。「けものフレンズ」幕間の動物解説コーナーで、東武動物公園の飼育員が解説音声を担当したことがきっかけで実現した。

「けものフレンズ」は、世界のどこかにあるという超巨大総合動物園「ジャパリパーク」を舞台に、人間の姿をしたアニマルガールへと変身した動物たちが過ごす日々と、その生態を描いた物語。記憶を失った謎の少女・かばんが、トラブルメーカーのサーバル、ラッキービーストのボスとともに、自分の正体を知るための大冒険を繰り広げた。

今回のコラボレーションでは、4月22日~6月25日に、カバやライオン、フンボルトペンギンなど、全26匹のアニマルガールのパネルを、モデルとなった動物の展示場と周辺に設置する「とうぶフレンズに会いに行くのだ! アニマルガールパネル展示」が行われる。作中のメインキャラクターだが、東武動物公園では飼育していない、サーバルとフェネックのパネルも園内に登場するという。また、期間中は1日数回、アライグマ(アライさん)役の声優・小野早稀が、東武動物公園とコラボ企画を紹介する園内アナウンスも放送される。

4月22日、5月13日、6月10日には、作中の音声解説に出演した同園の飼育員による、特別動物ガイドが開催される。各日正午から「くどうおねえさんのカワウソガイド」、午後1時45分から「やまかみおにいさんのキリンガイド」、午後2時30分から「きたはまおにいさんのライオンガイド」、午後3時30分から「いたくらおにいさんのヒグマガイド」、午後5時から「とみおかおにいさんのビーバーガイド」が行われる(各回約10分間)。ビーバーガイド終了後には、作中の解説音声を収録した部屋の見学会も開催予定(定員約10人。希望者多数の場合は、ジャンケンなどで決定)。さらに、ビーバーガイド観覧者には、同園の人気動物・ホワイトタイガーとアニマルガールがコラボした缶バッジも配布される。

そのほか、同園の飼育員が解説を担当した、コツメカワウソ、アメリカビーバー、ライオン、ワシミミズク、アミメキリン、ヒグマのコラボ缶バッジ(全6種)が、ふれあいショップ「わとと」で4月22日から発売予定。1個300円で、1種類2個まで購入可能。数量限定で、なくなり次第販売終了となる。

作品情報

けものフレンズ

けものフレンズ Check-in15

この世界のどこかにつくられた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。そこでは神秘の物質「サンドスター」の力で、動物たちが次々とヒトの姿をした「アニマルガール」へと変身――! 訪れた人々と賑やかに楽し...

フォトギャラリー

  • ワシミミズク
  • コツメカワウソ
  • アメリカンビーバー
  • ライオン
  • アミメキリン
  • ヒグマ

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ