スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 世界名作劇場の日本アニメーション制作 「スローブレッド」CM10周年記念のWEBアニメ公開

2017年4月29日 12:00

世界名作劇場の日本アニメーション制作 「スローブレッド」CM10周年記念のWEBアニメ公開

イメージを拡大

スタジオジブリ作品「となりのトトロ」「おもひでぽろぽろ」や、世界名作劇場「ロミオの青い空」などに作画監督として参加したアニメーター・佐藤好春が手がける、製パン業・フランソアの欧風パン「スローブレッド」のアニメCMシリーズが10周年を迎えた。これを記念して、WEB限定動画「カシスとアルルの物語」がYouTubeで公開された。

九州限定放送ながら全国に広くファンがいるという、同CMシリーズ10年間の総集編「カシスとアルルの物語」では、フランス南部・プロバンス地方の田舎町を舞台に、「世の中の最先端は、自然と人のココロ。」をテーマとした、パン職人を目指して奮闘する少女・カシスの成長の軌跡を、約3分間で振り返る。映像内では、カシスが憧れの青年・アルルとある約束を交わすシーンや、住み慣れた故郷の町を出て、パリでパン修行に励む成長したカシスの姿も描かれており、その未来は公開中のCM最新作「スローブレッド『新しい物語』篇」で明らかになる。なお、総合プロデューサーの上原政信氏は今後の展開について「10周年を機に、カシスとアルルの新しい物語が始まります。ご期待ください」とコメントしている。

イメージを拡大

「カシスとアルルの物語」の制作には、作画監督とキャラクターデザインを務める佐藤のほか、絵コンテとして「ハウルの動く城」「借りぐらしのアリエッティ」などに携わった山下明彦、撮影監督として「耳をすませば」「ちゅうずもう」の薮田順二、色彩設計として「アルプスの少女ハイジ」「あらいぐまラスカル」の小山明子らが参加。そのほか、プロデューサー、コンセプトデザインを、スタジオジブリとの関わりも深いトラッシュスタジオの釘宮陽一郎、音楽を「思い出のマーニー」の村松崇継、アニメーション制作を「世界名作劇場」シリーズや「ちびまる子ちゃん」の日本アニメーションが担当している。

作品情報

となりのトトロ

となりのトトロ Check-in0

「そりゃスゴイ、お化け屋敷に住むのが父さんの夢だったんだ」と、こんなことを言うお父さんの娘が、小学六年生のサツキと四歳のメイ。このふたりが、大きな袋にどんぐりをいっぱいつめた、たぬきのようでフク...

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ