スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「曇天に笑う〈外伝〉」3部作で劇場アニメ化!曇三兄弟の長兄・天火の過去が明らかに

2017年6月30日 12:00

「曇天に笑う〈外伝〉」3部作で劇場アニメ化!曇三兄弟の長兄・天火の過去が明らかに

(C)唐々煙/マッグガーデン・曇天に笑う外伝製作委員会

イメージを拡大

「月刊コミックガーデン」(マッグガーデン刊)で連載されていた唐々煙氏の漫画「曇天に笑う〈外伝〉」が、劇場版3部作でアニメ化されることがわかった。前編「曇天に笑う〈外伝〉 ~決別、犲(やまいぬ)の誓い~」は12月2日公開予定で、公式サイトや公式Twitterアカウントが開設され、30秒の特報映像も配信されている。

同作は、2014年にテレビアニメ化もされた唐々煙氏による漫画「曇天に笑う」のサイドストーリー。前編「決別、犲の誓い」では、300年に一度という曇天が続き、人々に災いをもたらす“大蛇”が復活した事変を描いた本編から遡(さかのぼ)ること11年、大蛇討伐を目的として結成された部隊・犲の、歴史の影に隠された活躍が明かされる。曇(くもう)家当主・大湖が師範を務める犲には、曇天火やその盟友・安倍蒼世、佐々木妃子らが加わっていたが、ある事件をきっかけに、天火は犲たちと袂(たもと)を分かつことになる。

メインキャストは、「曇天に笑う」本編テレビシリーズから続投。天火を中村悠一、曇空丸を梶裕貴、曇宙太郎を代永翼、蒼世を鳥海浩輔、鷹峯誠一郎を安元洋貴、妃子を大原さやかが演じる。そのほか、芦屋睦月役の藤原祐規、犬飼善蔵役の藤原貴弘、屍千狼役の岩崎ひろし、武田楽鳥役の下野紘、比良裏役の鈴村健一、牡丹役の佐藤利奈、錦役の能登麻美子、金城白子役の櫻井孝宏も再登板。太湖役は大川透、曇小雪役は折笠富美子が担当する。

アニメーション制作は「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」を手がけたWIT STUDIOが行う。

作品情報

曇天に笑う<外伝> ~決別、犲の誓い~

曇天に笑う<外伝> ~決別、犲の誓い~ Check-in2

歴史の裏側でこの国を護る──。
あの頃の俺たちは、真剣に夢みていた。
三百年に一度蘇る魔物・大蛇復活の十一年前。
歴史の裏で国を護ることを志した者たちがいた。
それは大蛇討伐のため結成された部隊...

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ