スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「劇場版マジンガーZ」正式タイトル決定!主題歌は水木一郎による新録バージョンに

2017年9月3日 12:00

「劇場版マジンガーZ」正式タイトル決定!主題歌は水木一郎による新録バージョンに

(C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 mazinger-z.jp

イメージを拡大

2018年1月13日公開の劇場版「マジンガーZ」の正式タイトルが、「劇場版 マジンガーZ/INFINITY」に決定し、同作の主題歌を72年放送のテレビアニメ版でも主題歌を担当した “アニソン界の帝王”こと水木一郎が担当することがわかった。

永井豪氏による原作漫画「マジンガーZ」は、1972年に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載がスタート。世界征服を目論む天才科学者Dr.ヘル率いる機械獣と、“神にも悪魔にもなれる”力を持った搭乗型スーパーロボット・マジンガーZを操る兜甲児を中心とした人間たちの攻防を描き、約45年を経た根強い人気を誇っている。今作はDr.ヘルとの戦いが終結してから10年後の世界が舞台。科学者の道を歩み始めた兜甲児が、富士山中で巨大構造物と謎の生命体に遭遇し、再び人類の未来を託される姿を映し出す。

劇場版主題歌は、テレビアニメ版オープニング主題歌「マジンガーZ」の新規収録バージョンとなり、楽曲アレンジは、テレビアニメ版主題歌を作曲し、水木とは幾度もタッグを組んだことで巨匠・渡辺宙明氏の息子である渡辺俊幸が担当。親子2代でのコラボレーションが実現する。

劇場版への登板について、水木は「45年前にレコーディングして以来、日本はもちろん、世界各国のファンの前で数えきれないほど歌わせていただいていますが、どの国のファンの人たちも、会場が一体となって『ゼーット!』と大合唱になるんです。時を経ても、世界中のファンの人たちにとって『マジンガーZ』は、少しも古くなることなく、胸を熱く燃やす元になっているんです。僕自身『マジンガーZ』のテーマソングを歌い続けて、1度も飽きたことがないし、いつも新鮮な気持ちで歌わせていただいています。実は僕、来年50周年を迎えるんです。そんな記念の年に、日本でこの『マジンガーZ』が上映されるなんて、これはもう、永井先生の50周年をお祝いすると同時に、僕自身へのプレゼントでもあるかなと思ってます!」と熱を込めて喜びを語っている。

なお、公式サイトでは、水木が歌う主題歌が流れる中、兜甲児操るマジンガーZが迫り来る機械獣の群れを相手に、獅子奮迅の戦いを繰り広げる最新予告編映像が公開された。映像内ではロケットパンチ、アイアンカッター、ブレストファイヤー、光子力ビームといった、マジンガーZの必殺兵器が披露されているほか、謎のキーワード「ゴラーゴン」とつぶやく新キャラクター・リサもお目見えし、新たなストーリーへの期待感を高めている。

作品情報

劇場版 マジンガーZ / INFINITY

劇場版 マジンガーZ / INFINITY Check-in6

かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。あれから...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ