スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「虐殺器官」のジェノスタジオ、TVシリーズ3作品を制作

2017年10月11日 20:00

「虐殺器官」のジェノスタジオ、TVシリーズ3作品を制作

(C)2016 GENO STUDIO All Rights Reserved.

イメージを拡大

アニメ映画「虐殺器官」を制作するため2015年に創設されたアニメーション制作会社・ジェノスタジオが、新たにテレビシリーズ3作品を制作することが決定した。現時点ではビジュアルのみが公開されており、10月16日午後6時にタイトル等が公開される予定だ。リニューアルオープンされたジェノスタジオの公式サイトでは、最新プロモーションビデオが配信されている。

また、YouTubeのジェノスタジオチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UC5S8dDswLqbnm9fuZ8Z2ntQ スタジオコロリドとの共同)では、「虐殺器官」で主人公のクラヴィス・シェパードを演じた中村悠一と、“虐殺の王”ことジョン・ポール役を担当した櫻井孝宏によるスペシャルメッセージが、期間限定で公開されている。

「虐殺器官」は、故・伊藤計劃さんのオリジナル長編小説3作品をアニメ映画化する「Project Itoh」の一作として制作が進められていたが、当初のスタジオだったマングローブの経営破たんを受けて、新たに発足したジェノスタジオが制作を担い、17年2月に公開された。

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ