スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > SFアニメ「BEATLESS」主題歌アーティストに「GARNiDELiA」と「ClariS」を起用

2017年11月12日 12:00

SFアニメ「BEATLESS」主題歌アーティストに「GARNiDELiA」と「ClariS」を起用

イメージを拡大

「機動戦士ガンダム00」の水島精二監督が手がけるSFテレビアニメ「BEATLESS」の主題歌アーティストが発表された。オープニング主題歌を「キルラキル」「アニメガタリズ」の「GARNiDELiA」、エンディング主題歌を「魔法少女まどか☆マギカ」「エロマンガ先生」の「ClariS」が担当する。

GARNiDELiAは楽曲制作について、「作品資料や台本を拝見した時、この作品のもつメッセージ性に胸を打たれました。『主題歌を作らせていただけるんだ!』と、とてもうれしく思っています。監督とも入念にミーティングをして、私たちの“らしさ”と、この作品が持つテーマをリンクさせて、楽しく制作させていただいています」とコメントし、手応え十分の様子。

また、ClariSのクララは「ストーリーやイラストをみて、かっこいい雰囲気で、でもどこか温かみのあるような、とてもすてきな作品だなと感じました。早く見たくてうずうずしています★ どんなふうにストーリーと楽曲がリンクしていくのかも、今からとても楽しみです」と期待を語る。カレンは「今回は(ClariSのデビュー曲『irony』から、同ユニットと縁の深い)kzさんに曲を書いていただいたのですが、イントロからすぐに世界観に引き込まれて、まだアニメを見る前なのに、歌っているとアニメの世界にいるような気持ちになりました。ストレートな歌詞だけど、アニメと合わせて聴いたときにいろいろな感情が生まれてくる曲だと思います♪」と楽曲を紹介している。

「BEATLESS」は、ゲーム「メタルギア」シリーズのノベライズを手がけ、「My Humanity」(ハヤカワ文庫JA)では第35回日本SF大賞を受賞しているSF作家・長谷敏司氏が、「月刊ニュータイプ」で連載した小説のアニメ化。社会の仕組みの大部分を“hIE”と呼ばれるロボットが担う世界を舞台に、17歳の少年・遠藤アラトと、“人類未踏産物”と呼ばれる人間そっくりのアンドロイド・レイシアによる、ボーイ・ミーツ・ガールの物語が展開される。5体の人類未踏産物が激しい戦いを繰り広げる中で、レイシアに信頼を寄せるアラトは、“ヒト”と“モノ”とが、どう関わっていくべきなのか、その答えを求められることになる。2018年1月放送スタート。

作品情報

BEATLESS

BEATLESS Check-in9

社会のほとんどをhIEと呼ばれる人型ロボットに任せた世界。17歳の少年・遠藤アラトはある日一体のアンドロイド・レイシアに出会い、オーナー契約を交わす。一見人間とそっくりなそれは、世界を驚かすほど...

2018冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

タグ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ