スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「十二大戦」舞台化決定 寝住役は「弱虫ペダル」「おそ松さん」の北村諒

ニュース 2017年12月28日(木)20:30

「十二大戦」舞台化決定 寝住役は「弱虫ペダル」「おそ松さん」の北村諒

(C)西尾維新・中村光/集英社
(C)エイベックス・ピクチャーズ株式会社

イメージを拡大

テレビアニメ「十二大戦」の舞台化が決定し、主役の寝住(ねずみ)役に舞台版「弱虫ペダル」「おそ松さん on STAGE」の北村諒が抜てきされた。北村演じる寝住が眠たげな表情で写った、撮り下ろしティザービジュアルが公開されている。

原作は「〈物語〉シリーズ」の西尾維新氏と、「聖☆おにいさん」の中村光氏による漫画「どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い」の前日談として執筆された小説(集英社刊)。それぞれに得意な殺し方をもつ、十二支になぞらえた戦士たちが「勝者はどんな願いでも、ひとつだけ叶えることができる」という命がけのバトルロイヤルを繰り広げる。テレビアニメは10~12月に全12話が放送された。

北村は「西尾維新先生が原作小説を書かれている作品の舞台化に出演できること、寝住を演じさせていただけること、とてもうれしく思います! 常に眠いのは僕も同じです(笑)」と喜びを語り、自身が演じる寝住にシンパシーを感じている様子。

そのほか、十二人の戦士のうち、失井(うしい)を滝川広大、妬良(とら)を今村美歩、憂城(うさぎ)を才川コージ、断罪(たつみ)兄弟・兄を橋本祥平、弟を長谷川慎也、迂々真(ううま)を横山真史、必爺(ひつじい)を原勇弥、砂粒(しゃりゅう)を竹内夢、庭取(にわとり)を梅村結衣、怒突(どつく)を伊阪達也、異能肉(いのうしし)を護あさなが演じる。十二大戦の審判員であるドゥデキャプル役は和泉宗兵が担当する。

舞台版「十二大戦」は、2018年5月4、5日に新神戸オリエンタル劇場、5月9~13日に東京・シアター1010で上演。チケット価格は8000円(税込み)で、1月8日まで公式サイト1次抽選を受け付け中。

イベント情報・チケット情報

舞台「十二大戦」【神戸・1回目】 Check-in0
開催日
2018年5月4日(金)
時間
13:00開始
場所
新神戸オリエンタル劇場(兵庫県)
出演
北村諒, 滝川広大, 今村美歩, …

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ