スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 高畑勲&宮崎駿の名作アニメ「パンダコパンダ」45周年記念でデジタルリマスター版公開

2018年2月10日 22:00

高畑勲&宮崎駿の名作アニメ「パンダコパンダ」45周年記念でデジタルリマスター版公開

イメージを拡大

高畑勲が監督、宮崎駿が原案ほかを担当したアニメ映画「パンダコパンダ」の45周年を記念し、同作と続編「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」の2本立て特別上映が決定した。2月17日から全国のイオンシネマ(計68スクリーン)で順次公開される。

「パンダコパンダ」は、上野動物園に中国からパンダのランランとカンカンが来園し、一大パンダブームが巻き起こった1972年に公開された中編アニメーション作品。東京の郊外に住む少女ミミ子と、ある日ミミ子の家にやってきたパパンダ(親パンダ)とパンちゃん(子パンダ)の交流を描く。高畑、宮崎のほかにも、キャラクターデザインとして「アルプスの少女ハイジ」の小田部羊一、作画監督として「ルパン三世」の大塚康生といった名だたるクリエイターが制作に参加しており、続編の「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」は翌73年に公開された。

このほど上映される本編映像は、公開当時のネガフィルムを1コマずつデジタルスキャンし、傷消しなどの修正を施したデジタルリマスター版。同リマスター版を用いたデジタル上映は今回が初の試みとなる。入場料金は一般、高校生以上が1100円、中学生以下が800円。入場者特典として、パパンダやパンちゃんたちを描いた特製コースター(全3種のうちランダムで1枚)が先着でプレゼントされる。

「パンダコパンダ」の主題歌「ミミちゃんとパンダ・コパンダ」を、オリジナル歌手の水森亜土がセルフカバーしたCD「亜土ちゃんとパンダコパンダ」(1800円、税抜き)も発売中。45周年特別上映について水森は「亜土たんが主題歌を歌った映画『パンダコパンダ』がまた全国の劇場で見れるなんて夢みたい! 映画を見て45年前の子どもも、今の子どももいっしょに『ミミちゃんとパンダコパンダ』を歌ってもらえると嬉しいデス」と喜びを語っている。

作品情報

パンダコパンダ

パンダコパンダ Check-in1

ミミ子ちゃんは、おばあちゃんと二人で竹やぶのそばの家に住んでいます。田舎で法事があり、おばあちゃんは心配しながらも出掛けていきました。初めての一人暮らしにミミ子ちゃんは大はりきり! 商店街の人や...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ