スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「立花館To Lieあんぐる」キービジュアル公開 総監督に「捏造トラップ」のひらさわひさよし

ニュース 2018年2月21日(水)12:00

「立花館To Lieあんぐる」キービジュアル公開 総監督に「捏造トラップ」のひらさわひさよし

(C)merryhachi・一迅社/立花館製作委員会

イメージを拡大

テレビアニメ「立花館To Lieあんぐる」のキービジュアルが公開された。主人公の夏乃はなびをはじめ、藤原このみ、篁いおり、藤原依子、月城優、三井そのあというメインキャラクター6人が集合したイラストとなっている。

同作は、「コミック百合姫」(一迅社刊)で連載中のmerryhachi氏による漫画が原作。「ラッキースケベ満載のハーレム漫画の主人公が、女の子だった」というコンセプトのラブコメディ作品で、高校進学のため、6年ぶりに田舎の街に帰ってきたはなびが、手違いからおんぼろアパートの「立花館」に入居し、個性豊かな住人たちとともに織り成す波乱に満ちた日々を描く。

キービジュアルの公開に合わせて、メインスタッフの顔ぶれも明らかになった。「捏造トラップ-NTR-」のひらさわひさよしを総監督に迎え、シリーズ構成を「奇異太郎少年の妖怪絵日記」でひらさわとタッグを組んだWORDS in STEREO、キャラクターデザインを、ひらさわが総監督を務めた「バーナード嬢曰く。」で作画監督を務めた花井柚都子が担当する。アニメーション制作は、ひらさわが率いるCreators in packと、「リトルウィッチアカデミア」に参加したスタジオリングスが行う。

「立花館To Lieあんぐる」は今春放送開始。

作品情報

立花館To Lie あんぐる

立花館To Lie あんぐる Check-in22

ラッキースケベでハーレムな漫画の主人公が、女の子だった件。高校進学に合わせて、6年ぶりに帰ってきた田舎の街。お洒落なデザイナーズマンション風の寮“橘館”から優雅に登校…と思ったら、手違いでボロア...

2018春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ