スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「シティーハンター」19年に劇場版で復活 リョウと香は神谷明&伊倉一恵が続投

ニュース 2018年3月19日(月)16:00

「シティーハンター」19年に劇場版で復活 リョウと香は神谷明&伊倉一恵が続投

北条司氏による描き下ろしイラスト

北条司氏による描き下ろしイラスト

(C) 北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

イメージを拡大

北条司氏の漫画「シティーハンター」が、新たに長編アニメーション映画として製作されることが明らかになった。

同作は、法では裁けない悪と戦う、裏社会ナンバーワンの始末屋(スイーパー)=“シティーハンター”こと冴羽リョウと、そのパートナー槇村香の活躍を描くハードボイルドコメディ。1985年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始し、87年にテレビアニメがスタート。テレビアニメ140話、テレビスペシャル3作、劇場版3作が制作されるヒットシリーズで、昨年テレビアニメ放送開始30周年をむかえていた。

キャストは、冴羽リョウ役を神谷明、槇村香役を伊倉一恵と、テレビアニメのオリジナルキャストが継続して担当する。神谷からは「僕の中にはずっと冴羽リョウが生き続けていました。1999年のテレビスペシャルから20年が経ち、このような形でリョウと香、2人の『シティーハンター』にもう一度逢えるなんて感激です!」、伊倉からは「30年経って再び香の声が出来るなんて、なんて幸せ!! 大暴れできる体力はあるのか少々心配ですが、気持ちはすでに香です」との喜びのコメントが寄せられている。

あわせて制作スタッフも発表された。総監督をこだま兼嗣、アニメーション制作をサンライズが担当し、こちらもオリジナルスタッフが継続となる。原作者の北条氏からは、「『シティーハンター』は僕が若い頃に描いた作品です。若気の至りなど、いろいろなものがこの作品の中にはあるので、今の僕には当時と同じ感覚で『シティーハンター』を描くことは難しいなと思っています。でも、アニメーションならそれができる。総監督はこだま(兼嗣)さんなので、ツボを押さえた面白い作品になると確信しております」と新たな劇場版への期待が寄せられている。

ストーリーは現在の新宿を舞台にした完全新作となり、脚本は「シティーハンター」への参加がはじめての加藤陽一が担当する。

「劇場版シティーハンター(仮題)」は、2019年初春ロードショー。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ