スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > スクエニのアーケードゲーム「ロード オブ ヴァーミリオン」TVアニメ化 梶裕貴、福圓美里が出演

ニュース 2018年3月29日(木)19:00

スクエニのアーケードゲーム「ロード オブ ヴァーミリオン」TVアニメ化 梶裕貴、福圓美里が出演

(C)2018 SQUARE ENIX/KADOKAWA/LORD of VERMILION製作委員会

イメージを拡大

スクウェア・エニックスのアーケードゲーム「LORD of VERMILION」が、「ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王」のタイトルでテレビアニメ化されることが決定した。詳細は後日発表を予定している。

原作ゲームは2018年6月に10周年を迎える人気シリーズで、このほど公開されたアニメ版のイントロダクションは、全国のアミューズメント施設で稼働中の最新作「LORD of VERMILION IV」のストーリーと同一。2030年、東京は紅い霧に包まれ、“大共鳴”と呼ばれる現象により、すべての生き物は意識を失ってしまった。東京が封鎖されてから6日後、人々は目を覚ますが、その日を境にさまざまな異常事件が発生。若者たちは、血に秘めた力を解き放ち“英血の器”へと目覚めていく。

メインキャラクターとそのキャスティングも「LORD of VERMILION IV」から継承。上恵大学2年生で“英血の器”として目覚めていく神名千尋を梶裕貴、“大共鳴”以降、千尋の周囲に現れるようになる謎の女性・白木優羽莉を福圓美里が演じる。

スタッフは、監督に「B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~」の菅沼栄治を迎え、シリーズ構成を「RAIL WARS!」の鈴木雅詞、キャラクターデザインを「HUGっと!プリキュア」の川村敏江が担当する。制作会社は「ビッグオーダー」のアスリードと、「ラブ米 2期作」のティアスタジオ。

作品情報

ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王

ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王 Check-in13

舞台は2030年東京。突如、東京近郊一帯で高周波の共鳴音が観測され、同時に街が紅い霧に包まれた『大共鳴』。『大共鳴』発生より6日後、意識を失っていた人々は何事もなかったかのように目を覚ますが、そ...

2018夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ