スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 小倉唯、三木眞一郎、明坂聡美「K SEVEN STORIES」 Episode 4で伏見猿比古の血縁役

ニュース 2018年4月15日(日)19:00

小倉唯、三木眞一郎、明坂聡美「K SEVEN STORIES」 Episode 4で伏見猿比古の血縁役

(C) GoRA・GoHands/k-project

イメージを拡大

劇場アニメ「K SEVEN STORIES」の第4弾「K SEVEN STORIES Episode 4『Lost Small World ~檻の向こうに~』」に小倉唯、三木眞一郎、明坂聡美が出演することがわかった。

「K SEVEN STORIES」は、「王」と呼ばれる存在や、そのもとへ集った特異能力者たちの戦いを描くオリジナルテレビアニメの劇場版。原作・脚本を手がける7人の覆面作家集団「GoRA」による書き下ろし新作を加えた7つのエピソードで構成され、「Episode 4」では、赤のクラン「吠舞羅」切り込み隊長の八田美咲と、青のクラン「セプター4」の中核人物である伏見猿比古の中学生時代の友情を描き、彼らが激動の世界へと足を踏み入れていく経緯が明かされる。

このほど発表されたキャストは、いずれも同作のキーキャラクターである猿比古の血縁者を演じる。小倉は、猿比古のまたいとこで彼をライバル視する大貝阿耶役、三木は猿比古の父で、天才だが社会的に有益なことをしようとしない変人の伏見仁希役、明坂は猿比古の母で家庭を顧みない敏腕女性実業家の伏見木佐役を担当する。

また「Episode 4」と「Episode 5『メモリー・オブ・レッド ~BURN~』」の公式サイトがオープンし、両作品のキービジュアルも公開された。「Episode 4」のキービジュアルは、学生服を着た猿比古と美咲のツーショットイラスト。“赤の王”周防尊率いる「吠舞羅」と、新たに誕生した“無色の王”の動向を描く「Episode 5」のキービジュアルには、周防と「吠舞羅」のメンバーである十束多々良、草薙出雲の姿が描かれている。

4月14日から公式ファンクラブ「K FAN CLAN」で、「Episode 4」と「Episode 5」の限定チケットケース付き特別鑑賞券が発売されることも決定した。価格は各1878円。4月28日からは全国の公開予定劇場で、全国共通特別鑑賞券の販売もスタートする。価格は1500円(すべて税込み)。

「K SEVEN STORIES Episode 4『Lost Small World ~檻の向こうに~』」は10月6日、「K SEVEN STORIES Episode 5『メモリー・オブ・レッド ~BURN~』」は11月3日全国ロードショー。

作品情報

K SEVEN STORIES Episode4 「Lost Small World ~檻の向こうに~」

K SEVEN STORIES Episode4 「Lost Small World ~檻の向こうに~」 Check-in4

中学で仲間外れにされていた八田美咲は一匹狼の同級生・伏見猿比古に興味を持つ。伏見の屈折した性格形成には空虚な家庭環境と、エキセントリックな父・仁希の影響があった。八田は持ち前の明るさとガッツで伏...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ