スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 種崎敦美&東山奈央、“言葉にならない思い”に息吹を注いだ「リズと青い鳥」

インタビュー 2018年4月20日(金)20:00

種崎敦美&東山奈央、“言葉にならない思い”に息吹を注いだ「リズと青い鳥」

インタビューに応じた種崎敦美と東山奈央

インタビューに応じた種崎敦美と東山奈央

イメージを拡大

京都アニメーション制作によるテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の完全新作劇場版「リズと青い鳥」が、4月21日から公開される。今作では、テレビアニメ第2期で吹奏楽部内に事件を巻き起こした鎧塚みぞれと傘木希美を主人公に据え、“2人の物語”を紡ぐ。高校3年生になった2人の“言葉にならない思い”をすくいあげ、息吹を注いだ、主演声優・種崎敦美と東山奈央に話を聞いた。

原作は、武田綾乃氏の小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」。北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当するみぞれ(種崎)と、フルート担当の希美(東山)は、高校最後のコンクールを控えていた。コンクールの自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロパートがあったが、親友同士の2人の掛け合いはなぜかうまくかみ合わず、壁にぶつかってしまう。

今作の製作は、声優陣にとって最高に嬉しいサプライズであったが、同時に戸惑いや疑問も生じたという。テレビシリーズ2期で起こった、希美の吹奏楽部復帰をめぐる騒動。そこでの熱演があったからこそ、すぐには「2人の新たな物語」を想像することはできなかったようだ。

種崎「最初は、またみぞれを演じられるという嬉しい気持ちでいっぱいでした。でも少し落ち着いたら、『あの続き? 過去の話? どこをやるんだろう』と。2期の4話はとても高い熱量で演じたので、『あれと同じ熱量がまた出せるだろうか』という思いが湧き上がってきました」

東山「2期の時、2人の物語はあれで終わりだと思っていました。雨降って地固まるみたいな感じで、みぞれと希美は親友に戻ったのだと。だから『映画でどんな物語が描かれるのだろう』『2人の間にまた亀裂が入るのかな』と、はらはらしていました」

いざ蓋を開けてみれば、2人の心情を細部まで掘り下げた、どこまでも繊細な“みぞれと希美、2人きりの世界”が広がっていた。2人の物語でありながら、みぞれと希美が交わす言葉は多くない。キャラクターの思いを代弁しているのは、緻密に描かれた絵と多くの情報が盛り込まれた台本。山田尚子監督からは、約30分にも及ぶ作品説明があったという。

(C) 武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

イメージを拡大

アフレコ段階では、「絵に色はついていませんが、表情の細部まで描きこまれていました」(種崎)。色はなくとも、声優陣は絵の力に圧倒された。東山は、「我々が声でお芝居する以上に、絵がお芝居してくれていました」と噛み締める。種崎は、「早くアフレコしたい、この絵と一緒に早くお芝居がしたい」と心を震わせ、「私が『こう演じよう』と意識しなくても、『自然とそうさせられる』くらいのパワーがありました」と絵に突き動かされた。

東山は、台本も見せてくれた。そこにあったのは、短いセリフとたくさんのト書き。セリフはなく、ト書きのみのページもあった。「セリフは一言で、『実はそこにはこういう感情がある』みたいな説明が書かれていたり。説明文による気付きが多かったです。ト書きを通して、感情が情景として描かれているシーンもありました」

作品情報

リズと青い鳥

リズと青い鳥 Check-in15

あの子は青い鳥。広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。北宇治高等学校吹奏楽部でオー...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • インタビューに応じた種崎敦美と東山奈央

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ