スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「電脳コイル」の磯光雄、11年ぶり新作「地球外少年少女」構想発表 宇宙が舞台のオリジナルアニメ

ニュース 2018年5月21日(月)12:32

「電脳コイル」の磯光雄、11年ぶり新作「地球外少年少女」構想発表 宇宙が舞台のオリジナルアニメ

磯光雄が原作・監督・脚本を務めるオリジナルアニメ

磯光雄が原作・監督・脚本を務めるオリジナルアニメ

(C)MITSUO ISO/avex pictures 2014

イメージを拡大

「電脳コイル」の原作・監督として知られ、「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビシリーズでは設定や脚本も手がけたアニメーター・磯光雄の、11年ぶりの新作アニメ「地球外少年少女」の構想が発表された。磯が原作・監督・脚本を務めるオリジナルアニメで、「交響詩篇エウレカセブン」シリーズや「ガンダム Gのレコンギスタ」の吉田健一がキャラクターデザイン、「ひるね姫 知らないワタシの物語」「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」などを手がけたSignal-MDがアニメーション制作を担当する。

オリジナルアニメ「地球外少年少女」は、AIとインターネットが普及した2045年の宇宙が舞台で、“スマート”と呼ばれる携帯端末や人型ロボットなども登場する。宇宙空間に存在する日本製の商業ステーションで大規模な事故が発生し、少年少女たちがステーション内に取り残される。大人の援助を失った少年少女は、かろうじて残ったナローバンド、SNS、フリーアプリの低知能AI、スマホで操作できるドローンなどを駆使して、危機を切り抜けようと動き出す。

文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞や日本SF大賞を受賞するなど高い評価を得た「電脳コイル」から11年ぶりの新作となる同作に着手する磯監督は、「宇宙を舞台にしたアニメをあまり見かけなくなり、自分で作ってしまおうと思いました。宇宙はすでにSFに登場する遠いイメージではなく、実際に行ける場所になりつつある。そんな環境に投げ込まれた少年たちが体験する冒険を、実際に行ってみてきたような感覚で描いてみたい」と作品構想の意図を明かしている。

作品情報

地球外少年少女

地球外少年少女 Check-in1

2045年、インターネットとAIが普及した宇宙空間。日本の商業ステーションにやってくる少年少女たちは、発生する大規模な宇宙事故に遭遇し、ステーションに子供たちだけで取り残される。もう大人の救援は...

新作・今期アニメTOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ