スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「海獣の子供」STUDIO4℃制作で映画化 五十嵐大介の漫画が初めてアニメに

ニュース 2018年7月16日(月)12:00

「海獣の子供」STUDIO4℃制作で映画化 五十嵐大介の漫画が初めてアニメに

(C) KaijunoKodomo Committee

イメージを拡大

五十嵐大介氏の漫画「海獣の子供」が、長編アニメとして映画化されることが決定した。アニメーション制作は、「鉄コン筋クリート」「マインド・ゲーム」のSTUDIO4℃が手がける。

同作は、小学館の漫画雑誌「IKKI」で連載され全5巻で完結した海洋冒険物語。部活で居場所をなくした中学生の少女・琉花が、東京湾で不思議な少年・海と出会うことをきっかけに、海に宿る生命の秘密にふれていく。第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞するなど高い評価をうけている。緻密な自然描写などに定評のある五十嵐氏の作品では、「リトル・フォレスト」が2014年、橋本愛主演で実写映画化されたが、アニメ化されるのはこれが初めてとなる。

公開時期は未定で、今回の発表では「劇場公開に向け、鋭意制作中」とアナウンスされている。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ