スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 「AnimeJapan 2018」イベント特集 > 「七つの大罪」生朗読で梶裕貴がバンとエレインの名シーンに嫉妬 今夏に舞台版が上演決定

特集・コラム 2018年3月24日(土)19:13

「七つの大罪」生朗読で梶裕貴がバンとエレインの名シーンに嫉妬 今夏に舞台版が上演決定

イメージを拡大

テレビアニメ「七つの大罪」シリーズのスペシャルステージが、3月24日に「AnimeJapan 2018」で開催され、メリオダス役の梶裕貴、エリザベス役の雨宮天、ホーク役の久野美咲、バン役の鈴木達央、ゴウセル役の髙木裕平、エレイン役の小岩井ことりが登壇した。

「七つの大罪」は、異能を持つ犯罪者たちによる最強の騎士団「七つの大罪」を率いる団長メリオダスが、悪しき力を持つ魔神族や、それに与する者たちから世界を守るために戦う姿を描く冒険活劇。2014年に初めてテレビアニメ化され、現在はテレビアニメ第2シリーズ「七つの大罪 戒めの復活」が放送中。8月18日からは、完全新作の劇場用アニメ「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」が新宿バルト9ほかで上映される。

冒頭のあいさつでは、登壇者全員が豚のひづめを模した、通称“ホークピース”を披露するも、小岩井だけは思うようにできずに苦戦。「戒めの復活」から、スタッフが選んだ各話の名シーンをキャスト陣が生朗読する「名作劇場」のコーナーでは、高木が第6話でのゴウセルの高笑いを見事に披露して喝采を浴びた。久野は、第10話の、ホークが暗闇の中でさまざまな感情を見せる様子を熱演。梶は第9話でのメリオダスとワンドル(鳥)の1人2役を器用にこなしてみせたが、鈴木と小岩井による外伝「バンデッド・バン」での感動シーンを見せつけられると「自分たちは前座だったのか」と、大いに悔しがっていた。恋人同士であるバンとエレインを演じる鈴木と小岩井は、普段の収録でも隣や視線が合う位置に座り、キャラクターの距離感を保てるようにしているのだという。

その後は「戒めの復活」第2クールのエンディング主題歌「誓い」を雨宮が初披露。エリザベスの思いがこめられた歌詞を読んだ雨宮自身が、このタイトルを希望したことも明かされた。

劇場版の制作を記念して、「七つの大罪」が舞台化されることも明らかになった。「七つの大罪 The STAGE」として、8月から東京と大阪で上演される。梶は、小柄なメリオダスの身長や、豚のホークをどうやって舞台上で再現するのだろうかと素朴な疑問を語り、笑いを誘っていた。

アニメハック編集部

「AnimeJapan 2018」イベント特集

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハックヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

イベント情報・チケット情報

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」公開記念 「 七つの大罪 The STAGE 」【東京・1回目】 Check-in0
開催日
2018年8月3日(金)
時間
18:30開始
場所
天王洲 銀河劇場(東京都)
出演
納谷健, 梅澤美波, 有澤樟太郎, …

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ