スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 「AnimeJapan 2018」イベント特集 > 「シュタインズ・ゲート ゼロ」スペシャルステージ 真帆役の矢作紗友里が自身の役の成長ぶりに歓喜

特集・コラム 2018年3月25日(日)22:19

「シュタインズ・ゲート ゼロ」スペシャルステージ 真帆役の矢作紗友里が自身の役の成長ぶりに歓喜

イメージを拡大

テレビアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」のスペシャルステージが、3月25日に「AnimeJapan 2018」で開催され、岡部倫太郎役の宮野真守、橋田至役の関智一、牧瀬紅莉栖役の今井麻美、比屋定真帆役の矢作紗友里、オープニング主題歌を担当するいとうかなこが登壇した。

同作は、MAGES.(5pb.)とニトロプラスが展開するゲーム「科学アドベンチャー」シリーズ第2作「シュタインズ・ゲート」の続編。2011年に放送されたテレビアニメ「シュタインズ・ゲート」の世界観やキャストを引き継いだ約7年ぶりのアニメ化で、15年の再放送時に結末が改変された第23話から続く新たな物語が描かれる。

イベントは、いとうかなこによるオープニング主題歌「ファティマ」の歌唱でスタート。トークパートでは、キャスト4人から、現在の心境が語られた。物語は、紅莉栖を救えなかった辛い状況から始まるが、その中で岡部がどのような選択をしていくのかが見どころになるという。

久々の収録だったが、演じてみると自然にキャラクターが降りてきたという宮野と今井。一方で関は、アフレコごとに何かが違うとスタッフに言われ、橋田と自身が演じる「妖怪ウォッチ」のウィスパーとの違いに悩んだことを明かし、観客の笑いを誘った。また、今作からの新キャラクターである真帆を演じる矢作は、小説付属のドラマCDから真帆役を担当していたが、当初はゲームやアニメなどの展開は予定されておらず、一度限りの出演だと言われていたという。だが、真帆は「シュタインズ・ゲート」シリーズに欠かせない役どころになり、矢作はその成長ぶりに表情を輝かせていた。

その後、いとうが再登壇して「ファティマ」のミュージックビデオを公開。MAGES.の代表で、本作の企画・原作を担当する志倉千代丸が、映像や歌詞に物語の伏線を張り巡らせていることを明らかにした。最後は、いとうが前作「シュタインズ・ゲート」のオープニング主題歌「Hacking to the Gate」を披露し、ステージの幕を飾った。

アニメハック編集部

「AnimeJapan 2018」イベント特集

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハックヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

作品情報

シュタインズ・ゲート ゼロ

シュタインズ・ゲート ゼロ Check-in56

2010年11月 β世界線―――主人公・岡部倫太郎が数々の苦難、悲哀を乗り越えた果てに「彼女」を救うことをあきらめてしまった世界線。失意の底にある岡部倫太郎。彼を心配する仲間たち。救われなかった...

2018春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ