ホーム > アニメ映画・OVA作品情報 > 名探偵コナン 14番目の標的

名探偵コナン 14番目の標的 Check-in0

2017年4月28日更新

名探偵コナン 14番目の標的 Check-in0

制作会社
  • トムス・エンタテインメント
スタッフ情報
  • 【原作】青山剛昌
  • 【監督】こだま兼嗣
  • 【演出】佐藤真人
  • 【脚本】古内一成
  • 【ストーリーエディター】飯岡順一
  • 【プロデューサー】諏訪道彦、吉岡昌仁
  • 【絵コンテ】こだま兼嗣、佐藤真人、松園公
  • 【キャラクター・デザイン】須藤昌朋
  • 【総作画監督】須藤昌朋
  • 【デザインワークス】石野聡、土肥まさこ、森木靖泰、宍戸久美子
  • 【撮影監督】野村隆
  • 【美術監督】渋谷幸弘
  • 【美術設定】光元博行
  • 【音楽】大野克夫
  • 主題歌ZARD
  • 【音響監督】小林克良
  • 【ミキサー】田中章喜
  • 【音響効果】横山正和
  • 【編集】岡田輝満
  • 【演出助手】矢野篤、石井和彦
  • 【特殊効果】林好美
  • 【色彩設計】村上智美
  • 【アシスタントミキサー】内山敬章、大城久典
名探偵コナン 14番目の標的
あらすじ
目暮警部が公園でジョギング中にボウガンで撃たれるという事件が発生、翌朝には蘭の母親・妃が毒入りチョコレートの被害にあう。さらに、コナンの目の前で阿笠博士が襲われる。そして、三つの事件の現場には、それぞれトランプに関連のあるものが残されていた。狙われたのがいずれも毛利小五郎に関係のある人物ばかりであるということ、さらにトランプというキーワードから、目暮警部は小五郎が10年前に逮捕し、今は仮出所中のカード賭博のディーラー・村上丈の恨みによる犯行だと推測した。案の定、小五郎の友人でプロゴルファーの辻が殺されかける。どうやら犯人は小五郎に関係があり、しかも名前に数字が入っている人間を、その順番に殺していこうとしているようだ。そう睨んだ矢先、近々オープンする娯楽海洋施設に殺される可能性のある人間が集合することになる。そこで次々に起こる殺人、さらに施設自体も大爆発を起こす。しかし、犯人は村上ではなかった。真犯人はソムリエの沢木。自分の味覚がダメになってしまったこと、そしてソムリエとしての誇りを傷つけられたことが犯行に及んだ動機であった。...
音楽
  • 主題歌:ZARD「少女の頃に戻ったみたいに」
    イメージ・ソング:伊織「KIZUNA」
キャスト

イベント情報・チケット情報

詳しくはこちら

(C) 1998 青山剛昌/小学館・読売テレビ・ユニバーサル ミュージック・小学館プロダクション・東宝・TMS

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ