スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 今井麻美が「プラスティック・メモリーズ」ED主題歌「朝焼けのスターマイン」に込めた想いを語る

インタビュー 2015年5月7日(木)11:54

今井麻美が「プラスティック・メモリーズ」ED主題歌「朝焼けのスターマイン」に込めた想いを語る

今井麻美

今井麻美

(C)MAGES./Project PM

イメージを拡大

声優・歌手の今井麻美が、放送中のテレビアニメ「プラスティック・メモリーズ」のエンディングに起用された15thシングル「朝焼けのスターマイン」の発売を6月3日に控え、楽曲へ込めた想いを語った。

今井は自身と馴染み深い「STEINS;GATE」を代表作にもつ林直孝が本作の脚本を務める点に触れ、収録には責任感を強くもって臨んだと明かした。オンエアを視聴した感想として「あまりの美しさやアイラのかわいさに見入ってしまいました。自分が歌っているのも忘れる、素敵なエンディングでした」とコメント。事前に聞いていた本編のあらすじから、切ないラブストーリーをイメージしていた今井は、デモを聴いた際の想像より明るい音運びに驚いたとのこと。

これまで14枚のCDをリリースしてきた今井だが、本曲の歌唱に関しては凄く悩んだという。歌詞に込められた想いを読み取ることにプレッシャーを感じ「夜も眠れなかった」そうだ。実際、最終レコーディングの前日は興奮して眠れず、「私はスロースターターですが、当日はとても調子がよく、すぐにでも収録できる状態でした」と振り返った。

PVについては、「等身大の女性としての日常」というコンセプトと、そのために多くの衣装を着た様子が語られた。今井の選んだ私服っぽい衣装も5着ほど持ち込まれ「私らしさが伝わるような、外行きの服から普段着までを悩みながら選んだ」というから、衣装にも力を入れたことがうかがえる。

カップリング曲の「Sunny Place」は、PS Vita用ゲーム「白衣性愛情依存症」のオープニング主題歌で、今井自身がキャストとして参加する作品だったため、世界観はすぐにイメージできたそう。もう1曲のPS Vita「クロガネ回姫譚‐閃夜一夜‐」のオープニング主題歌「クロガネ」は、「高い音域も地声で歌えてしまうので、裏声を使うことがあまりなかったが、最近は狙って調節できています」と語り、同じ音域での裏声と地声の使い分けに自信をのぞかせた。

話題は5月16日に開催を控える今井のバースデーライブ2015「Wonder Place」にも及んだ。今回は得意のトークをあえて封印し演出を凝らした舞台のようなステージになる。シナリオは「コープスパーティー」シリーズで知られる祁答院慎が担当する。一方、その翌日に催されるバースデーイベント2015「反省会」ではトークに主眼を置く。今井は「(「朝焼けのスターマイン」で)アニメのタイアップ曲を担当したことで、新しく私を知ってくれた人もいるはず。初めて来てくれるお客さんとも一緒に作り上げていきたい」と、各イベントへの意気込みを語った。

作品情報

プラスティック・メモリーズ

プラスティック・メモリーズ Check-in19

人間とほぼ見た目の変わらない人型アンドロイドが世界中に普及した、ちょっぴり未来の世界。アンドロイド製造メーカーSAI社が開発した「ギフティア」は、とても感情豊かで、今までにない人間らしさを持った...

2015春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。