スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ドラゴンボール超」の主題歌決定! OPは吉井和哉、EDはグッドモーニングアメリカが担当

ニュース 2015年5月25日(月)12:49

「ドラゴンボール超」の主題歌決定! OPは吉井和哉、EDはグッドモーニングアメリカが担当

ドラゴンボール超

ドラゴンボール超

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
Photo by 山本倫子

イメージを拡大

大人気アニメ「ドラゴンボール」の新シリーズとして、フジテレビほかで7月から放送を開始する「ドラゴンボール超」の主題歌が決定した。

オープニング主題歌「超絶☆ダイナミック!」は、元THE YELLOW MONKEYの吉井和哉が歌う。吉井がソロ名義でテレビアニメのテーマソングを手がけるのは今回が初となる。エンディング主題歌「ハローハローハロー」は、放送中のテレビアニメ「ドラゴンボール改 (魔人ブウ編)」のエンディング主題歌「拝啓、ツラツストラ」に引き続き、ロックバンド・グッドモーニングアメリカが担当する。両楽曲のCDは、8月以降に日本コロムビアからリリースされる予定だ。

このたびの起用に際し、吉井とグッドモーニングアメリカのボーカル・金廣真悟、本作のプロデューサーを務めるフジテレビの野﨑理からコメントが届いた。
 吉井は「子供たちが学校の帰り道に口ずさんでしまうメロディー、歌をつぶやけば思わず強くなれるような、力の湧く曲を作りたいと思いました」と曲に込めた想いを語り、金廣は「今回は完全新作ストーリーの未知なる冒険。ドラゴンボールの歴史に刻まれるような“超”新曲を用意したので楽しみにしていてください」と自信をのぞかせた。野﨑は「ドラゴンボールの世界に新しい風を吹き込みつつ、子供から大人まで幅広く親しまれる主題歌にしたいと考えた。18年ぶりとなる新シリーズ、テーマ曲にもご期待ください」と呼びかけている。

本作は、鳥山明のコミック「ドラゴンボール」を原作としたアニメ作品。原作にも描かれていない新規ストーリーで、魔人ブウとの激闘を経て平和を取り戻した地球のその後が描かれる。「Vジャンプ8月特大号」(集英社刊)からは、鳥山が原作、とよたろうが作画を担当する漫画連載もスタートする。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。