スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 劇場用作品「虐殺器官」主人公に中村悠一が抜てき 三上哲や石川界人、大塚明夫らが脇を固める

ニュース 2015年7月25日(土)17:00

劇場用作品「虐殺器官」主人公に中村悠一が抜てき 三上哲や石川界人、大塚明夫らが脇を固める

クラヴィス・シェパード(CV:中村悠一)

クラヴィス・シェパード(CV:中村悠一)

(C)Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN

イメージを拡大

「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」に続くノイタミナムービー第2弾「Project Itoh」として、11月13日に封切られる「虐殺器官」のメインキャストが発表された。

主人公のクラヴィス・シェパード大尉を「マクロスF」の早乙女アルト役や「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の高坂京介役などで知られる中村悠一が演じる。

クラヴィスが率いる特殊部隊員・ウィリアムズ役に三上哲、リーランド役に石川界人、アレックス役に梶裕貴、そして彼らの上司・ロックウェル大佐には大塚明夫が配役された。本作の鍵を握る“虐殺の王”と称される言語学者のジョン・ポール役は櫻井孝宏、本作の紅一点でジョンの教え子、ルツィア・シュクロウポヴァ役は小林沙苗に決定している。

このたびの起用について中村は「オーディションを受けた2014年当時34歳の自分が、34歳で早逝した原作者・伊藤計劃氏の作品に参加できるかもしれないということに、不思議な縁を感じた」と、本作との数奇なめぐり合わせを振り返っている。

なお、現在公開中の最新PVでは、このたび発表されたキャストが総出演しており、EGOISTによる主題歌「リローデッド」も公開されている。

「虐殺器官」は、2009年に死去した小説家・伊藤計劃のオリジナル長編小説が原作。本作のほか、長編小説「ハーモニー」、伊藤が遺した30ページの原稿を芥川賞作家・円城塔が引き継いで完成させた「屍者の帝国」の3作品が「Project Itoh」として劇場公開される。「ハーモニー」は10月2日、「屍者の帝国」は12月4日より上映予定だ。

作品情報

虐殺器官

虐殺器官 Check-in26

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴ...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • クラヴィス・シェパード(CV:中村悠一)
  • ウィリアムズ(CV:三上哲)
  • リーランド(CV:石川界人)
  • アレックス(CV:梶裕貴)
  • ルツィア・シュクロウポヴァ(CV:小林沙苗)
  • ロックウェル大佐(CV:大塚明夫)
  • ジョン・ポール(CV:櫻井孝宏)

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。