スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > はたして番組はヒットするのか!? ストーリー展開も大予測! 「ラクエンロジック」新春占い対談 第3回 > (2)

インタビュー 2016年1月3日(日)12:00

はたして番組はヒットするのか!? ストーリー展開も大予測! 「ラクエンロジック」新春占い対談 第3回 (2)

(C) Project Luck & Logic

イメージを拡大

上田:では最後に「ラクエンロジック」のアニメ放送が上手くいくのかどうか、番組ヒット占いを行います……運勢は「中吉」です。

高橋:ちょっと微妙な結果ですね(苦笑)。

上田:占星学的に面白いなと思うのは、この作品にはとんでもない展開をする可能性があるところです。アニメを作るのには大変な数の方々が動かれていて、ひとつの方向に向かって作っていこうとされるはずですが、必ずそこから逸れるポイントが出てきます。その時に大化けする可能性をもっていますね。コラボしているトレーディングカードからの影響も大きいでしょうし、物凄く楽しみな作品だと思います。

高橋:今のお言葉は、大吉までの伸び代があるというふうに受けとめたいと思います。作品の中で伸び代があることを証明して、今日出た運勢に打ち勝ちたいです。

上田:ここまで、占星学を使って「ラクエンロジック」の魅力に迫ってきましたが、いかがでしたか。

高橋:僕が作った世界観やキャラクターと、先生の占いがあまりにも一致している感じがしましたね。「占いすごい」と思いました。

(C) Project Luck & Logic

イメージを拡大

上田:占星学の世界は深く、そして何よりも占星学的なアプローチは楽しいんです。人と人の相性が、その人のもつ星座の性質ゆえかもしれないという可能性を追究するのも楽しいのではないかと思います。最後に、「ラクエンロジック」の見どころについて、あらためてお願いします。

高橋:作品に登場するロジカリストたちは、成人に満たない若い子ばかりです。そうした子たちが世界を守る使命をはからずも背負い、戦場に乗り込んでいく。等身大の悩みを抱えた、若いキャラクターならではの苦悩と成長のドラマが描かれています。ぜひそうした点にも着目して見ていただければと祈っております。ぜひ、楽しみにご覧ください!

上田きょうやプロフィール
立教大学大学院英米文学研究科博士前期課程卒業。
現在、中野区在住。
作家、芸術評論家、西洋占星学研究家、詩人、FMパーソナリティー他。
TOEIC 985点。
美学を専攻していた大学時代に、芸術を通して西洋占星学の感性の実在を実感、研究を始める。米留学中に多くの文献と出会い、人間の内面を探求する芸術的感性に基づく西洋占星学を追求している。米国占星学連盟会員。東洋占星術算命学の最終位「歳位」取得。
http://www.kyoyaueda.com/

作品情報

ラクエンロジック

ラクエンロジック 16

L.C.922年、人々は空前の危機に直面していた。
神話の世界テトラヘブンの百年戦争終結後、敗戦を喫した魔神たちが新たな安住の地を求め、人間界セプトピアへと襲来。異世界の使者(フォーリナー)から...

2016冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。