スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 小説「舟を編む」がノイタミナでアニメ化!原作・三浦しをん氏「キュンとしました」と太鼓判

ニュース 2016年3月17日(木)22:48

小説「舟を編む」がノイタミナでアニメ化!原作・三浦しをん氏「キュンとしました」と太鼓判

イメージを拡大

フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」のプロジェクト発表会が3月17日、東京・アクアシティお台場の「ノイタミナショップ&カフェシアター」で開催され、三浦しをん氏の小説「舟を編む」が、同枠の10月クール作品としてテレビアニメ化されることが発表された。

2011年に発行された原作小説「舟を編む」は、真面目で口下手な編集者・馬締光也ら辞書編集部員たちが、新しく刊行する辞書「大渡海」を作り上げるまでを描く。13年4月には松田龍平と宮崎あおいの出演により実写映画も公開された。

本発表会には、三浦氏と7月の放送作品「バッテリー」の原作者・あさのあつこ氏が出席。テレビアニメ「舟を編む」の告知PVを見た三浦氏は「(登場人物が)イケメンでびっくりした。キュンとしました」と喜びの声をあげ、「背景に描かれていた辞書編集部の棚の感じとかばっちりでした。きちんと調べて描いてくれたことにびっくり。嬉しかった」と笑顔で語った。

映画化、そしてアニメ化と映像化が続くが、当の本人は「(小説を)書いてるときは映像のことは考えない」という。それ故、「作り手の方がどう解釈して、どう生まれ変わらせてくれるのか、なかなかできない体験なので、ありがたいし楽しみ」と期待を寄せる。そして三浦氏はあさの氏とともに「机に向かってるだけのアニメになったらどうしよう」「逆にすごくアクロバティック(な映像)になってたらどうしよう」と想像をめぐらせ、はしゃいでいた。

キャラクターデザインは、原作小説の挿絵を手がけた雲田はるこ氏が担当。雲田氏のファンだという三浦氏は、「アニメの絵の監修もしてくださっているので、ばっちりだと思います」と信頼を寄せ、「雲田さんの絵が動くと思うと楽しみですね」とほほ笑んだ。

テレビアニメ「舟を編む」公式サイト(http://www.funewoamu.com/)では告知PVが公開中。

作品情報

舟を編む

舟を編む 34

「まじめもいいけど、もう少し空気を読めってコト」
「西岡さんの仰る『空気』は【呼吸する】ものではなく、【場の状況、雰囲気】を表す際に用いる『空気』ですね…」
口下手なのに営業部員の馬締光也と、一...

2016秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

タグ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。