スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「不機嫌なモノノケ庵」ED主題歌は、梶裕貴と前野智昭が歌うキャラソンに決定

音楽 2016年6月10日(金)12:00

「不機嫌なモノノケ庵」ED主題歌は、梶裕貴と前野智昭が歌うキャラソンに決定

左より梶裕貴、モジャ、前野智昭

左より梶裕貴、モジャ、前野智昭

(C)ワザワキリ/スクウェアエニックス・「不機嫌なモノノケ庵」製作委員会

イメージを拡大

テレビアニメ「不機嫌なモノノケ庵」の先行上映会が6月4日に開催され、エンディング主題歌が芦屋花繒(あしやはなえ)役の梶裕貴と安倍晴齋(あべのはるいつき)の前野智昭によるキャラクターソングになることが発表された。

エンディング主題歌のタイトルは「扉の向こう」となり、CDには表題曲のほか、表題曲のテレビサイズバージョン、花繒と晴齋の各ソロ楽曲とインストゥルメンタルなど全7曲を収録。8月17日発売予定で、価格は1200円(税抜き)。

この日の上映会では、梶が「ようやく皆さんに、テレビアニメ版『不機嫌なモノノケ庵』をお届けできる日がやってきた。放送まであと少し、心温まる素敵なお話ばかりなので、欠かさず最後までご覧ください」と作品をアピール。前野も「毎話個性的でステキなキャラクターが登場し、どなたがご覧になっても楽しめる作品。原作ともども、アニメ版もよろしくお願いします」と話した。

上映会ではこのほかにも、アニメやゲームに関係したWebラジオを多数配信するサイト「音泉」で、梶と前野がパーソナリティを務める「不機嫌なモノノケ庵 ラヂオノ怪」がスタートすることも明かされた。7月13日から配信を開始し、第2、4水曜日に更新予定。

テレビアニメ「不機嫌なモノノケ庵」は、WEBコミック配信サイト「ガンガンONLINE」で連載されているワザワキリ氏の漫画のアニメ化。何らかの事情で現世に留まる妖怪たちを、本来住むべき隠世(かくりよ)へと送り届ける、花繒と晴齋の妖怪祓いコンビの活躍を描く。6月28日にAT-Xで午後11時30分に放送を開始し、7月3日にはTOKYO MXで午後10時、4日には読売テレビで深夜に放送されているMANPA枠、5日には中京テレビで深夜2時42分、BS11で深夜3時から放送。また、動画配信サービス・dアニメストアでも6日正午から配信される。

作品情報

不機嫌なモノノケ庵

不機嫌なモノノケ庵 Check-in22

「妖怪祓い」とは、本来すむべき「隠世(かくりよ)」から、何らかの事情で「現世(うつしよ)」に留まる妖怪たちを「隠世」へと送り届ける仕事である。
ある日、妖怪にとり憑かれた高校生・芦屋花繒(あしや...

2016夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。