スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「モブサイコ100」提供バックに使用する作品を公募 キャストやスタッフや原作者が審査

ニュース 2016年7月24日(日)12:00

「モブサイコ100」提供バックに使用する作品を公募 キャストやスタッフや原作者が審査

第1話提供バック作品 伊藤節生さん(影山茂夫役)作

第1話提供バック作品 伊藤節生さん(影山茂夫役)作

(C)ONE・小学館/「モブサイコ100」製作委員会

イメージを拡大

放送中のテレビアニメ「モブサイコ100」に登場するキャラクターをモチーフとしたイラストやコスプレ、キャラ弁(お弁当)などの写真をTwitter上で募集するキャンペーンがスタートした。

同作は、「ワンパンマン」で知られるONE氏が、小学館のコミックアプリ「マンガワン」に連載中の漫画が原作。普通の生き方にこだわり超能力を封印して中学校生活を送るが、感情が高ぶるごとに蓄積される数値が100になったとき、絶大な超能力が発動してしまうという超能力少年のモブこと影山茂夫の日々を描く。

キャンペーンに参加するには、「モブサイコ100」の公式Twitterアカウントをフォローした上で、アニメ公式サイトにある応募規約に同意し、投稿コメントに「応募規約に同意した」「@mobpsycho_anime」「#モブ_イラ所」の3つを盛り込んでイラストや写真をTwitterにアップすることが必要となる。なお、動画や文字情報を含んだものでは応募できず、画像の推奨サイズも「1920×1080px 72dpi」に限定されている。

応募作品のなかから毎週、放送回の後提供クレジットの背景画像として応募作品が採用される「第○話の提供バック賞」1点と、「お気に入り賞」2点が選出され、公式サイトとTwitterアカウントで発表される。

各話ごとに審査員が異なり、7月26日まで募集中の第6話の後提供バックは茂夫役の伊藤節生が選出。このほか、7月27日~8月2日に募集する第7話分はエクボ役の大塚明夫が、8月3~9日は第8話分を募集し、霊幻新隆役の櫻井孝宏が審査を行う。8月10~16日まで募集する第9話分は、アニメを制作するボンズの社長・南雅彦氏、17~23日までの第10話分はアニメのキャラクターデザインを務める亀田祥倫、24~30日までの第11話分は立川譲監督が審査する。原作者のONE氏も審査員として参加し、8月31日~9月6日募集の作品のなかから、第12話の後提供バックを選出する予定。

テレビアニメ「モブサイコ100」は、TOKYO MX、読売テレビ、BSフジ、テレ朝チャンネル1で放送中。

作品情報

モブサイコ100

モブサイコ100 30

「人生で超能力は必要ですか?」
自己表現がヘタな超能力少年・影山茂夫、通称・モブ。普通の生き方にこだわり、超能力を封印しているモブだが、感情が昂り、その数値が100になったとき、彼の身に何かが起...

2016夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 第1話提供バック作品 伊藤節生さん(影山茂夫役)作
  • 「モブサイコ100」キービジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。