スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 【週末興行ランキング】「ONE PIECE」が今夏最速で23億円突破!庵野秀明監督「シン・ゴジラ」は首位発進

ニュース 2016年8月2日(火)19:00

【週末興行ランキング】「ONE PIECE」が今夏最速で23億円突破!庵野秀明監督「シン・ゴジラ」は首位発進

(C) 尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

イメージを拡大

7月30~31日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。「ファインディング・ドリー」が2週連続で2位をキープし、累計動員は260万人、興収は32億円を突破した。熱狂的なリピーターも多く、子供から大人まで幅広い層に支持され、最終興収110億円をあげた前作「ファインディング・ニモ」にどこまで迫るか。

前週首位スタートを切った「ONE PIECE FILM GOLD」は3位に後退したが、公開9日間で動員170万人、興収23億円を突破。これは「ファインディング・ドリー」の9日間で興収21億円という記録を抜き、この夏公開映画の中で最速。7月28日からは香港・マカオを皮切りに海外でも公開がはじまった。

日本でも「ポケモンGO」が話題沸騰中の「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z 『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」だが、映画は5位に後退。新作の登場もあって各作品が順位を落とす中で、「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」が唯一10位から9位に順位を上げており、腰の強い興行を展開している。

新作では、7月29日より公開された「シン・ゴジラ」が土日2日間で動員41万2302人、興収6億2461万0700円を記録し、初登場首位スタートを切った。最終興収53億円を記録した庵野秀明監督の前作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(12)のオープニング興収と比較すると、「シン・ゴジラ」は55.2%の出足となっている。「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・イェーツ監督が手がけたアクションアドベンチャー「ターザン:REBORN」は、初登場4位にランクインした。

作品情報

ONE PIECE FILM GOLD

ONE PIECE FILM GOLD Check-in5

物語の舞台は、政府公認の独立国家、グラン・テゾーロ。世界中の名立たる海賊、海兵、大富豪たちが集うその世界最大のエンターテインメントシティは、世界政府すら手を出すことのできない“絶対聖域”だった。...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。