スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「新幹線変形ロボ シンカリオン」700/N700系のアニメ映像が初公開

ニュース 2016年8月6日(土)19:00

「新幹線変形ロボ シンカリオン」700/N700系のアニメ映像が初公開

(C)プロジェクト シンカリオン JR西日本商品化許諾済 JR九州承認済

イメージを拡大

JR東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社原案による、「新幹線変形ロボ シンカリオン」の新機体「シンカリオン700のぞみ」「シンカリオン700ひかりレールスター」「シンカリオンN700みずほ」のアニメーション映像が、このほど公開された。シンカリオン700/N700シリーズのアニメ映像化は今回が初公開で、3体それぞれの変形シーンのほかに、3体合体「シンカリオン トリニティー」への合体シークエンスや必殺技も収録されている。

「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、実在する新幹線から変形するロボット「シンカリオン」を中心に展開されるキャラクターコンテンツ。シンカリオンは、正体不明の巨大な敵に立ち向かうために日本の技術の結晶である新幹線をベースとして開発されたロボットという設定で、関連商品情報は「てれびくん」(小学館刊)に毎月掲載されている。

700/N700シリーズ3体のプラレールが9月29日に発売されることも決定した。3両編成1セットだったこれまでのプラレール「シンカリオン」シリーズとは異なり、1両編成のみで新幹線からロボットに変形する。3体をそろえると合体させることができ、3タイプの「シンカリオン トリニティー」に組み換えが可能。価格は各2800円(税抜き)。11月には、限定カラーのクリアブルーの武器が付属する、プラレール「新幹線変形ロボ シンカリオン トリニティー3両合体セット」も発売される。

そのほか、700/N700シリーズに加え、「シンカリオンE5はやぶさ」「シンカリオンE6こまち」「シンカリオンE7かがやき」のご当地バージョン映像も公開された。ナレーションが各新幹線の運行している地域にちなんだ方言に変更されており、「シンカリオンE5はやぶさ」は津軽弁、「シンカリオンE6こまち」は秋田弁、「シンカリオンE7かがやき」は石川弁、700/N700シリーズは関西弁と博多弁になっている。

作品情報

新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION

新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION Check-in12

新幹線超進化研究所は「漆黒の新幹線」が生み出す巨大怪物体から日本の未来を守るため、「新幹線変形ロボ シンカリオン」を開発した。シンカリオンとの高い適合率を持つ子供たちが運転士となり、研究所員たち...

2018冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。