スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 吸血鬼や雪女との交流を描く「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」テレビアニメ化決定

ニュース 2016年9月5日(月)22:00

吸血鬼や雪女との交流を描く「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」テレビアニメ化決定

(C)ペトス・講談社/「亜人ちゃんは語りたい」製作委員会

イメージを拡大

「ヤングマガジンサード」(講談社刊)で連載されているペトス氏の漫画「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」のテレビアニメ化が決定し、ティザーサイトがオープンした。2017年1月放送予定で、続報は9月6日発売予定の「ヤングマガジンサード」Vol.10で発表される。

同作は、神話や伝承などで語り継がれる「亜人(デミ)」と呼ばれる特殊な体質を持った人々が、一般の人間と共存する世界を舞台とした学園コメディ。亜人に興味を抱く生物教師・高橋鉄男が、明るくいたずら好きなヴァンパイアの小鳥遊ひかり、高橋に好意を抱くデュラハンの町京子、人付き合いにトラウマを持つ雪女の日下部雪、奥手なサキュバスの数学教師・佐藤早紀絵ら、亜人たちとともに繰り広げる日常を描く。原作コミックスは発行部数55万部を突破しており、最新第4巻が9月20日発売予定。価格は602円。

作品情報

亜人ちゃんは語りたい

亜人ちゃんは語りたい 48

サキュバス、デュラハン、雪女、そしてバンパイア――。僕ら人間とちょっとだけ違う、それが「亜人(あじん)」。最近じゃデミと呼ばれてます。そんな個性的な「亜人(ルビ:デミ)」ちゃんたちと、彼女たちに...

2017冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報