スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 櫻井孝宏&宮野真守、SF漫画の金字塔「BLAME!」への挑戦 > (2)

インタビュー 2017年5月24日(水)20:30

櫻井孝宏&宮野真守、SF漫画の金字塔「BLAME!」への挑戦 (2)

いざ収録が始まると、プレスコならではの“手探りの部分”に面白さを見出し、声優陣はアニメ化への期待を高めていった。

宮野「セリフまわし、登場人物の口調が時代ものっぽいところが面白いと思いました。映像がないので、感覚的には時代劇をやっている感じ。受け答えする時も『ヘイ!』みたいな(笑)。武器の名前が“打銛(うちもり)”だったり。そういった要素が、どのようにSFと融合するのかが楽しみでした。完成したものは、SFの世界観なのに、セリフまわしや質感がクラシカルでびっくりしました。プレスコだからこその驚きがありましたね」

櫻井「そのシーンがどういうシチュエーションなのか、出演者みんなで『こうしよう、ああしよう』と(イメージを)作っていきました」

(C) 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

イメージを拡大

一方、役へのアプローチは、1人1人異なるものだったという。宮野は、捨造の「立ち位置や役割ははっきりしていた」と解説する。「暗黒の未来で当たり前のように育ってしまい、そこで一生懸命生きていくしかない若者。これは人間としての心理や行動原理なので、ある意味、霧亥という特殊な存在に比べると難しさはないというか。人間として何をどう感じるか、突然やってきた霧亥という“異分子”にどう接していくのか。若者たちのリーダー的な存在なので、彼らをどう導いていくのかというところを作っていきました」。

(C) 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

イメージを拡大

対して、霧亥はセリフが少なく心情描写も一切ないため、声優の力量が試されるキャラクターだった。難役に挑んだ櫻井は、「原作の知識はあったので、『こういうビジュアルになるのかな』とイメージしながら、芝居の参考にもしました。無口で、あまりしゃべらないキャラクターですが、台本上はもうちょっとセリフがあったんです。監督の提案で、収録しながらセリフをそぎ落としていく作業がありました。そのやり取りが、キャラクター性を見出すヒントになりました」と述懐する。

劇中で霧亥が何度も口にする言葉が、役作りの最大のヒントになった。「彼は『“ネット端末遺伝子”を持つ人間を探している』と繰り返し言う。それが目的なので『そのために一生懸命に旅をしているんだな』と。その一点でしたね(笑)。目的は一個だけということが、すごく大きい。極論ですが、そこだけ守っていればいいかなくらいに思っていました」。

宮野は、「これを成立させられるのは、声優界に櫻井孝宏だけ」と羨望の眼差(まなざ)しをおくる。「キャラクターとしての感情の持っていき方が難しい役。どこにポイントを置くか、どういう気持ちで(声を)発するかとか。やっぱり櫻井さんの演技の説得力はすごいなと改めて感じました」と賞賛すると、櫻井は「いやいやいや! 現場では『省エネだ、省エネだ』って結構いじられていましたけど(笑)」と照れくさそうに応じていた。

1 2 次のページへ

作品情報

BLAME!

BLAME! Check-in12

過去の「感染」よって、正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。 都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下が...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。