スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「あの花」「ここさけ」脚本の岡田麿里が初監督を務めた劇場アニメ、18年2月公開決定!

ニュース 2017年7月6日(木)12:00

「あの花」「ここさけ」脚本の岡田麿里が初監督を務めた劇場アニメ、18年2月公開決定!

(C)PROJECT MAQUIA

イメージを拡大

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」や「心が叫びたがってるんだ。」で知られる脚本家・岡田麿里の監督デビュー作となる劇場用アニメ「さよならの朝に約束の花をかざろう」が、2018年2月24日に公開されることがわかった。あわせて、雄大な草原を走る2人の人物を描いたティザービジュアルが公開されており、YouTubeでは、金髪の少女や「一人ぼっちが一人ぼっちと出会った」「出会いと別れが紡ぐ永遠の一瞬」「少女はその時。愛にふれた」といったキーワードが登場する特報映像の配信もスタートしている。

同作では、岡田が脚本も担当。チーフディレクターに「凪のあすから」の篠原俊哉を迎え、キャラクター原案をゲーム「ニーア オートマタ」の吉田明彦、キャラククターデザインと総作画監督を「クロムクロ」の石井百合子が担当する。アニメーション制作は、岡田が脚本を担当した「花咲くいろは」のP.A.WORKSが行う。

岡田は監督初挑戦について「今から5年前。P.A.WORKSの堀川(憲司)社長に『岡田さんの100%をさらけだした作品を、いつか見てみたい』と言われました。『作品で自分をさらけだすって、どういうことだろう?』アニメーション制作という多くの人が関わる共同作業の世界で、堀川社長の言葉を実現しようとするなら、すべてのセクションに最初から最後まで関わるしかない。私は堀川社長に、監督をやらせてほしいとお願いしました」と経緯を明かし、「この作品は、脚本家の視点としてずっと書いてみたかった物語です。監督として、その先にある映像や音などにも触れさせてもらえることになり、大きな喜びと同時にプレッシャーもありますが、すばらしいスタッフの力で、ちっぽけな私の100%などゆうに飛び越えた作品になると確信しています。人と人とのふれあいが織りなす、出会いと別れの物語。誰もがいつかの自分を重ね合わせられるような、じんわりとした温かさのある作品を目指しています」と制作の手応えを話している。

また、P.A.WORKの堀川氏は「今作のキャストが決まったころ、脚本の読み合わせをしました。大きな手応えを感じるものでした。その日の僕の備忘録には、『この作品を与えてくれてありがとう。監督に感謝の気持ちが湧いてきた』と書かれています。これは全編を通して愛する者と愛される者の物語であり、岡田さんの血を分けた複数のキャラクターが、互いに愛を問う物語だと思います。脚本家の岡田さんが、言葉だけではなく、言葉と映像と音をあわせた映画を監督することで可能になった表現です。初監督をサポートするのは『この作品を最高のものにしたい』と考える、力のあるスタッフばかり。その意気込みが強すぎて、完成予定日を考えると、プロデューサーとしては頭を抱えてのた打ち回らずにはいられません。ちゃんと完成したら、岡田監督には、ラインプロデューサー堀川の灰になった骨を拾ってもらおうと思います」とコメントしている。

なお、7月8日からは全国の劇場で、ティザービジュアルを使用した、数量限定の特製クリアファイル付き前売り券が発売される。価格は1500円(税込み)。

作品情報

さよならの朝に約束の花をかざろう

さよならの朝に約束の花をかざろう 10

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。10 代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 前売り券付属の特製クリアファイル デザイン

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。