スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「弱虫ペダルGLORY LINE」最新PV公開 3校が激突するインターハイ1日目の最終局面を描く

ニュース 2017年12月11日(月)22:00

「弱虫ペダルGLORY LINE」最新PV公開 3校が激突するインターハイ1日目の最終局面を描く

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会

イメージを拡大

テレビアニメ「弱虫ペダル」の第4期「弱虫ペダル GLORY LINE」の第2弾PVが、アニメ公式サイトと、TOHOanimationのYouTubeチャンネルで公開された。

同作は、「週刊少年チャンピオン」(秋田書店刊)連載の渡辺航氏による自転車ロードレース漫画が原作。第4期「GLORY LINE」では、インターハイ連覇を目指す小野田坂道ら総北高校自転車競技部の前に、王者奪還を目指すスプリンター・泉田塔一郎率いるライバル校の箱根学園や、怪物レーサー・御堂筋翔が所属する京都伏見高校など、全国の強豪校が立ちふさがる。

PVでは、インターハイ1日目の最終局面にスポットがあてられており、坂道や今泉俊輔らが所属するチーム総北と、黒田雪成、葦木場拓斗らのチームハコガク、御堂筋と岸神小鞠らのチーム京伏が白熱したレースを展開。最後には、坂道を「山王」と呼ぶ箱根学園の1年生クライマー・新開悠人も登場し、第3期に引き続きそれぞれの激走を予感させる映像に仕上がっている。

また、PV内では4人組ロックバンド「Rhythmic Toy World(リズミック トイ ワールド)」によるオープニング主題歌「僕の声」も初公開された。同楽曲を収録したCDは、2018年2月14日にリリースが決定しており、アーティスト盤、アニメ描き下ろしジャケット仕様のアニメ盤ともに、価格は1300円(税抜き)。

「弱虫ペダル GLORY LINE」は、テレビ東京、テレビ大阪ほかで、18年1月8日深夜2時5分からスタート。

作品情報

弱虫ペダル GLORY LINE

弱虫ペダル GLORY LINE Check-in20

前年の全国大会<インターハイ>を制した主人公・小野田坂道が所属する総北高校。チームを引っ張った先輩たちが卒業・引退し、新たな世代のチームとして始動した彼らは、互いに刺激し合い、支え合い、高め合い...

2018冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ