スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「バキ」主題歌アーティストにGRANRODEO、田所あずさ 作品の世界観を反映した熱い楽曲に

音楽 2018年4月24日(火)22:00

「バキ」主題歌アーティストにGRANRODEO、田所あずさ 作品の世界観を反映した熱い楽曲に

(C)板垣恵介(秋田書店)/バキ製作委員会

イメージを拡大

テレビアニメ「バキ」の主題歌アーティストが決定した。オープニング主題歌「BEASTFUL」を「GRANRODEO」、エンディング主題歌「RESOLVE」を田所あずさが歌う。

「GRANRODEO」のボーカルで、声優の谷山紀章としても知られるKISHOWは「“あの”『バキ』なので、ハンパない楽曲になっています。人間の中に潜む闘争本能、野獣のような雄々しさを意識して歌いました。強い言葉を使ってシャウトしたり、刃牙の世界観のおかげでできた曲です」と楽曲を紹介。同じく声優としても活躍する田所は「幼少期から兄が好きで読んでいた作品だったので、まさかその曲を歌えるということがびっくりですし、とても嬉しいです!」と起用を喜び、「(ヒロインの松本)梢江ちゃん視点の深い愛を表現した歌詞で、バキの世界観にぴったりな熱い楽曲になっています!」と話した。

「BEASTFUL」のCDは7月11日発売で、ミュージッククリップを収録したブルーレイが付属する初回限定盤が1900円、通常盤が1200円。「RESOLVE」は7月25日発売で、アーティストジャケット盤が1300円、描き下ろしアニメイラストを使用したアニメジャケット盤が1200円(すべて税抜き)。

「バキ」は、「週刊少年チャンピオン」(秋田書店刊)で1999~2005年に連載された、板垣恵介氏による格闘漫画が原作。91年に連載がスタートした「グラップラー刃牙」を原点とした、累計発行部数7000万部を超える「刃牙」シリーズの第2部に当たる。アニメ版では主人公の範馬刃牙が、花山薫、渋川剛気、烈海王、愚地独歩ら地下格闘技の強豪闘士たちとともに、敗北を知るために世界中から集まった最凶最悪の死刑囚5人とぶつかり合う「最凶死刑囚編」が描かれる。Netflixで今夏先行配信。

作品情報

バキ

バキ Check-in17

世界最強の男である、父「範馬勇次郎」を超えようと、ひたすら強くなるため己を鍛え続ける主人公「範馬刃牙」。そんな時、世界中から最凶かつ最悪の死刑囚5人が同時に東京へ集結しようとしていた。彼らの目的...

2018夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ