スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 諏訪部順一、梶裕貴、石黒賢ら出演の3.5次元音楽朗読劇「ホムンクルス」TV初放送

ニュース 2018年5月26日(土)19:00

諏訪部順一、梶裕貴、石黒賢ら出演の3.5次元音楽朗読劇「ホムンクルス」TV初放送

(C)READING HIGH

イメージを拡大

2017年12月に上演された音楽朗読劇「Homunculus~ホムンクルス~」が、7月1日午後9時からファミリー劇場で、テレビ初放送されることが決定した。同作には諏訪部順一、梶裕貴をはじめ、豊永利行、甲斐田ゆき、梅原裕一郎、関智一といった声優陣や、俳優の石黒賢が出演している。

同作は、劇作家の藤沢文翁とソニー・ミュージックエンタテインメントが立ち上げた、“3.5次元”のエンターテインメントを目指す、音楽朗読劇の新ブランド「READING HIGH」の第1弾公演。17世紀のヨーロッパを舞台に、欧州全土を揺るがしたホムンクルス(人造人間)にまつわる事件を、生演奏の音楽やテクノロジーを駆使した演出とともに描くダークファンタジー作品だ。

このほどファミリー劇場でオンエアされるのは、12月10日に上演された千秋楽公演の本編ノーカット版(アンコールを除く)。これまでにパッケージ化されていない同作を鑑賞できる貴重な機会となる。

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ