スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 北香那、蒼井優、西島秀俊ら“ペンギンイリュージョン”にメロメロ

イベント 2018年7月3日(火)20:13

北香那、蒼井優、西島秀俊ら“ペンギンイリュージョン”にメロメロ

サプライズ登場したペンギンに会場中がメロメロ

サプライズ登場したペンギンに会場中がメロメロ

イメージを拡大

「夜は短し歩けよ乙女」などで知られる作家・森見登美彦氏の小説をアニメ映画化した「ペンギン・ハイウェイ」の完成披露舞台挨拶が7月3日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、キャストの北香那、蒼井優、西島秀俊、竹中直人、石田祐康監督が出席した。

短編アニメ「台風のノルダ」「陽なたのアオシグレ」などを手がけたアニメスタジオ「スタジオコロリド」の第1回長編作品となる本作は、少し生意気な小学4年生“アオヤマ君”に待ち受ける、ひと夏の不思議な体験を描く。

本作は「普通の住宅街に突如ペンギンが出現する」という出来事をきっかけに物語がはじまることから、イベントでは“ペンギンイリュージョン”を実施することに。ステージ中央にペンギンのぬいぐるみが入った巨大なガラスケースが運び込まれ、キャスト陣が二酸化炭素ガスを噴射すると、本物のペンギン3匹が出現。ケースから顔をのぞかせ、ひょこひょこと動きまわる愛くるしい姿に、登壇陣はメロメロの様子で「かわいい~!」と声をあげていた。

さらに役作りの話題があがると、アオヤマ君が通っている歯科医院の“お姉さん”を演じた蒼井は「『ものすごく難しいな、この役』と思った。私はお姉さんのようなしっかりした役をいただくことがなくて。基本的に誰かに寄生しているような役が多いので(笑)」と吐露。アオヤマ君のお父さん役の西島は、「原作と脚本、どちらも泣けちゃって。読む度に泣けて仕方なくて、セリフを覚える時に不自由した覚えがあります」と振り返り、「皆さんも、懐かしさだったり、心が揺れる素晴らしい体験になると思う」と呼びかけた。

また主人公が10歳の少年であることから、「どんな小学生だったか」と問われた北は、「とにかくやんちゃで、だめと言われたことほどしたくなるような小学生だった。例えば、夏休みの学校に侵入するとか」と暴露。一方の蒼井は、「私は『魔女の宅急便』が好きで、家に赤いカチューシャと黒いワンピースがあることに気づき、『私はキキかもしれない』と本当に思った」と明かし、「ある時、家でひとりになった時に『今だ!』と思って、黒いワンピースを着て、赤いカチューシャをしてベランダに出て、デッキブラシにまたがった。小学校4年生なら知識もあるはずなのに、なぜか(空を飛べると)信じ込んで『飛べ!』って言っているような、子どもっぽい子どもでした。飛べませんでしたけど(笑)」と照れ笑いを浮かべた。

「ペンギン・ハイウェイ」は8月17日から全国公開。

作品情報

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ Check-in8

小学四年生の少年アオヤマ君は、一日一日、世界について学び、学んだことをノートに記録する。利口な上、毎日努力を怠らず勉強するので、大人になったときにどれほど偉くなっているか、見当もつかない。そんな...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • サプライズ登場したペンギンに会場中がメロメロ

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ