スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ゲゲゲの鬼太郎」新章、バックベアード役は田中秀幸 山村響&ゆかなは魔女の姉妹に

ニュース 2018年9月6日(木)15:41

「ゲゲゲの鬼太郎」新章、バックベアード役は田中秀幸 山村響&ゆかなは魔女の姉妹に

新章「西洋妖怪編」の追加キャスト発表

新章「西洋妖怪編」の追加キャスト発表

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

イメージを拡大

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期の新章「西洋妖怪編」の追加キャストが発表され、西洋妖怪最強の帝王バックベアードを田中秀幸、魔女の姉妹を山村響とゆかなが演じるほか、草尾毅、白石涼子、井澤詩織の出演が明らかになった。

西洋妖怪編は、西洋妖怪世界の宝・アルカナの指輪を盗んだ魔女アニエスが、バックベアードのもとから逃亡し、鬼太郎に助けを求めたことから、鬼太郎ファミリーと西洋妖怪による妖怪大戦争に発展する。アルカナの指輪に秘められた謎、アニエスが日本に来た理由、バックベアードの“本当の狙い”も明らかになっていく。

世界のすべてを支配しようともくろむバックベアード役の田中は、「今期の鬼太郎で演じさせていただいた蟹坊主も魅力的なキャラクターでしたが、今回の役は西洋妖怪最強の帝王ということで、これまた演じるのが楽しみです。個性豊かな仲間達と共に、作品を盛り上げていきたいと思っています」と意気込んでいる。

アニエスを演じる山村は「実は小さい頃、鬼太郎に恋をしていた時期があったりして、そんな風に夢中になって見ていた歴史深い作品に出演させていただけるなんて夢のようです」と喜びを述べ、バックベアード軍団の女将軍を務めているアニエスの姉・アデル役のゆかなは、「アデルは責任と誇りにその存在を捧げてきたような印象です。姉として将軍として、どんな在り方を選んでいくのか今から楽しみです」と期待を寄せている。

さらにバックベアード軍団のヴォルフガングを草尾、ヴィクター・フランケンシュタインを白石、カミーラを井澤が担当。白石は、「出演することが決まりとてもうれしいです!」と話し、草尾は「狼男の爪痕を残せるように頑張ります」と意欲満々。井澤は、「もともと妖怪が大好きなので、念願の『ゲゲゲの鬼太郎』への出演、とてもうれしく思っています」と語っている。

「ゲゲゲの鬼太郎」はフジテレビほかで毎週日曜午前9時から放送中。10月7日から西洋妖怪編に突入する

作品情報

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期) Check-in18

21 世紀も 20 年近くが経ち人々が妖怪の存在を忘れた現代。科学では解明が出来ない現象が頻発、流言飛語が飛び交い大人たちは右往左往するばかり。そんな状況をなんとかしようと妖怪ポストに手紙を書い...

2018春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 新章「西洋妖怪編」の追加キャスト発表

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。