スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「とある科学の一方通行」TVアニメ化 「とある科学の超電磁砲」第3期も制作決定

ニュース 2018年10月8日(月)11:00

「とある科学の一方通行」TVアニメ化 「とある科学の超電磁砲」第3期も制作決定

(C) 2018 鎌池和馬/山路新/KADOKAWA/PROJECT-ACCELERATOR

イメージを拡大

鎌池和馬氏の小説「とある魔術の禁書目録(インデックス)」(KADOKAWA刊)のスピンオフコミックである、「とある科学の一方通行(アクセラレータ)」のテレビアニメ化と、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」のテレビアニメ第3期の制作が決定した。「とある科学の一方通行」は2019年放送開始予定。

両作品は、放送中のテレビアニメ「とある魔術の禁書目録III」と同じく、魔術を操る勢力と科学を駆使する勢力が対立する“学園都市”を舞台にした物語。「とある科学の一方通行」では、最高位の“レベル5”に分類される超能力者で、「とある」シリーズ最強のダークヒーロー“一方通行(アクセラレータ)”の戦いが描かれる。同じく“レベル5”の超能力者である御坂美琴が、学園都市で巻き起こるさまざまな事件を解決していく「とある科学の超電磁砲」は、09年にテレビアニメ第1期、13年に第2期「とある科学の超電磁砲S」が放送されて好評を博した。原作漫画は、どちらも「月刊コミック電撃大王」(KADOKAWA刊)で連載中。

「とある科学の一方通行」のメインキャストは、「とある」シリーズ従来作からの続投が決定しており、主人公の一方通行を岡本信彦、美琴のクローンのひとりで一方通行を慕う“打ち止め(ラストオーダー)”を日高里菜が演じる。「とある科学の超電磁砲」も、美琴役の佐藤利奈をはじめ、白井黒子役の新井里美、初春飾利(ういはるかざり)役の豊崎愛生、佐天涙子役の伊藤かな恵、食蜂操祈(しょくほうみさき)役の浅倉杏美らが、前作「とある科学の超電磁砲S」から引き続き出演し、長井龍雪監督も再登板する。アニメーション制作は、両作品ともに、「とある」シリーズの全作品に携わってきたJ.C.STAFFが担当する。

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ