スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 怪獣王ゴジラの幼少期「ちびゴジラ」絵本用PR映像でアニメ化

ニュース 2018年10月27日(土)19:00

怪獣王ゴジラの幼少期「ちびゴジラ」絵本用PR映像でアニメ化

イメージを拡大

絵本「がんばれ ちびゴジラ」の発売を記念して、YouTubeの「ゴジラ(東宝特撮)チャンネル」内で、「ちびゴジラ」初のアニメ化となるプロモーション映像公開された。

「ちびゴジラ」は、東宝特撮映画を代表する怪獣王「ゴジラ」の幼少期をキャラクター化したもので、いたずら好きだが、本当は泣き虫という設定。交通系ICカード「Suica」のペンギンや、千葉県公認キャラクター「チーバくん」などのデザインで知られる、イラストレーターのさかざきちはる氏によって生み出された。今年7月にプロジェクト始動が発表され、9月からは“新宿観光特使”として、東京・西新宿のオフィスビル・新宿住友ビルの壁面に巨大ラッピングが施されている。

プロモーション映像は、アニメパートと絵本「がんばれ ちびゴジラ」の朗読パートの2部構成。アニメパートでは、小石につまずいたちびゴジラが、涙を流しながら炎を吐き出す様子が描かれており、アニメーション制作は、テレビアニメ「はねバド!」を手がけたライデンフィルムの京都スタジオが担当した。一方の朗読パートでは、ちびゴジラが全力で吐いた炎が花火になり、仲間のちびギドラとちびラドンを喜ばせるというストーリーが展開する。

映像を見たさかざきちはる氏は「ちびゴジラが、いきいきと動きだしました。頭のなかで想像していた以上にかわいかったです。まるで本当に生きているみたい! 『きょうのちびゴジラ』というようなチャンネルがあったら、一日中でも眺めていたいです」とさらなる展開への期待を語った。

同映像は、11月3日に東京・日比谷で行われ、ちびゴジラの着ぐるみがお披露目される「ゴジラ・フェス2018」や、10月31日~11月5日に東京・小田急百貨店新宿店で開催され、絵本の読み聞かせイベントが行われる「小田急ショートショートシアター」でも上映される。そのほか、この年末からは全国のTOHOシネマズで、ちびゴジラが登場するキッズムービー用幕間アニメの上映がスタートする。

作品情報

GODZILLA 星を喰う者

GODZILLA 星を喰う者 Check-in7

扉が開かれ、黄金の刻印が星を切り裂く。21世紀初頭、ゴジラに地球を奪われた人類は、一部の人類を他恒星系への移住に送り出すも、計画は失敗に終わる。失意のまま地球へと帰還した人類を待ち受けたのは、二...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。