スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 宮野真守&櫻井孝宏をたぎらせたアニゴジ“規格外”怪獣描写「ギドラながっ!」 > (3)

インタビュー 2018年11月7日(水)19:00

宮野真守&櫻井孝宏をたぎらせたアニゴジ“規格外”怪獣描写「ギドラながっ!」 (3)

心を揺さぶる“叫び”と“呼びかけ”――声に込めたもの

――ご自身が演じたシーンで、最も心を揺さぶられた場面はどこですか?

(C)2018 TOHO CO., LTD.

イメージを拡大

宮野:僕は最後です。これ以上は言えませんが、最後のハルオの“叫び”を聞いてほしい。あそこにすべてが詰まっています。

櫻井:メトフィエスは、繰り返しハルオの名前を呼ぶんです。ハルオ、ハルオ、ハルオと。その呼びかけは大事だなと、ずっと思っていました。特に、最終章の後半に何度も何度も呼びかけます。その場面は、名前に込めた思い・気持ち・愛情、そういったものを感じていただきたいです。

――最終章は「ハルオVSメトフィエス」という構図になりますが、お互いの演技の「ここがすごかった」というところを教えてください。

(C)2018 TOHO CO., LTD.

イメージを拡大

宮野:メトフィエスは、乱れることなく淡々と語りかけてくるんです。そういったアプローチって、実はすごく難しい。でも櫻井さんからはその難しさをまったく感じず、毎回「こんなに説得力のある語りができるのか」と思いながら聞いていました。語りが、音色が、心地良い。メトフィエスが怒る瞬間もありますが、その瞬間すら優しく甘い。その説得力に圧倒されました。誰にでもできることじゃない、特殊能力だと思います。

櫻井:ありがとうございます……今、上機嫌です(笑)。

――櫻井さんは、宮野さんと今作で共演していかがでしたか?

イメージを拡大

櫻井:宮野くんの演技の魅力はたくさんありますが、ひとつ選ぶとしたら「叫び」。叫びって、「言葉にならない気持ち・思い・感情」を吐き出すものなので、置かれた状況によって出てくる声が違います。叫びのなかに、いろいろな感情を込めるのですが、宮野くんは「今どうやってやったんだろう!?」という叫びを出すんです。収録中に、思わず宮野くんの方を見てしまうくらい。絞り出すような叫びもあれば、圧がすさまじい叫びもある。すごいです。

宮野:うれしい!  ありがたいです(笑)。

1 2 3 次のページへ

作品情報

GODZILLA 星を喰う者

GODZILLA 星を喰う者 Check-in7

扉が開かれ、黄金の刻印が星を切り裂く。21世紀初頭、ゴジラに地球を奪われた人類は、一部の人類を他恒星系への移住に送り出すも、計画は失敗に終わる。失意のまま地球へと帰還した人類を待ち受けたのは、二...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 劇場アニメ「GODZILLA」3部作を振り返った宮野真守(右)と櫻井孝宏

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。