スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 動物たちが繰り広げる青春群像劇「BEASTARS」オレンジ制作によるTVアニメ化決定

ニュース 2019年2月8日(金)20:00

動物たちが繰り広げる青春群像劇「BEASTARS」オレンジ制作によるTVアニメ化決定

(C)板垣巴留(秋田書店)/BEASTARS製作委員会

イメージを拡大

板垣巴留氏が「週刊少年チャンピオン」(秋田書店刊)で連載している漫画「BEASTARS」のテレビアニメ化が決定した。

原作は、「マンガ大賞2018」の第1位に輝き、第42回講談社漫画賞の少年部門、第22回手塚治文化賞の新生賞、第21回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門新人賞を受賞した話題作。直立歩行する肉食獣と草食獣が共存する世界を舞台に描く青春群像劇で、全寮制のチェリートン学園でアルカパのテムが何者かによって食べられてしまった事件が発生したことをきっかけに、さまざまな動物たちが種族の壁や差別、愛などに苦悩する。

アニメーション制作は「宝石の国」「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」を手がけたオレンジが担当する。アニメ化決定の発表とともに公開されたティザープロモーションビデオでは、主人公であるオスのハイイロオオカミのレゴシと、ドワーフ種のメスウサギのハルとの出会いが、緊迫感に満ちたアニメーション映像として再現されている。そのほか、放送時期などの詳細は公式サイトや公式Twitterで随時発表される。

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

タグ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ