スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 石坂浩二が親鸞聖人に 声優・増田俊樹と共演の劇場アニメ「歎異抄をひらく」公開決定

ニュース 2019年3月7日(木)10:00

石坂浩二が親鸞聖人に 声優・増田俊樹と共演の劇場アニメ「歎異抄をひらく」公開決定

(C)「歎異抄をひらく」映画製作委員会

イメージを拡大

ベテラン俳優の石坂浩二とテレビアニメ「刀剣乱舞-花丸-」などで知られる声優の増田俊樹が共演する劇場アニメ「歎異抄(たんにしょう)をひらく」が、5月24日から公開されることが決まった。

同作は、“どう生きるか”をテーマに据えた古典「歎異抄」を、「なぜ生きる」の作者・高森顕徹氏が解釈した小説のアニメ化で、2016年公開の劇場アニメ「なぜ生きる」に続くシリーズ第2弾。のちに「歎異抄」の作者となる青年・唯円(ゆいねん)が、親鸞(しんらん)聖人に出会って教えを乞い、仲間たちとともに迷い悩みながら成長する姿を描く。

親鸞聖人役で声優として劇場アニメ初主演に挑戦する石坂は、自身の役どころについて「こんな大きな哲人を演じるのは初めてです。すばらしく美しい画面に負けぬように声で表現する難しさを感じました。ましてや、あの親鸞聖人の言葉です。時代感、人間ひとりひとりがまだ強かった時代を、上手く滲(にじ)ませることができていたらいいなと思います」と語った。唯円役を務める増田も「純朴でありながらも探究心を持った青年像を意識し、常に自身と向き合い考え続けることで、教えをさらに深く知っていく彼らしいひたむきさを演じるように心がけました」とコメントしている。

「歎異抄をひらく」は、5月24日から東京・シネマート新宿、角川シネマ有楽町ほかで全国公開。

作品情報

歎異抄をひらく

歎異抄をひらく Check-in1

鎌倉時代、1200年代初め。貧しい農家に生まれながらも賢く利発な平次郎は、ある日、親鸞聖人と出会い、多くを学び成長していく。やがて京に戻った親鸞聖人を追って故郷を離れた平次郎は、「唯円」という名...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。