スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「映画クレしん」第28作が20年GW公開決定 「ラブライブ!」京極尚彦監督と脚本・高田亮が新タッグ

ニュース 2019年8月30日(金)20:00

「映画クレしん」第28作が20年GW公開決定 「ラブライブ!」京極尚彦監督と脚本・高田亮が新タッグ

2020年は「クレヨンしんちゃん」連載開始から30周年!

2020年は「クレヨンしんちゃん」連載開始から30周年!

(C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020

イメージを拡大

「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズ28作目となる「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」が、2020年ゴールデンウィークに公開されることが決定。監督をテレビアニメ「ラブライブ!」「宝石の国」を手がけた京極尚彦、脚本を映画「婚前特急」「そこのみにて光輝く」で知られる高田亮が担当することが分かった。

あわせて公開された特別映像(https://youtu.be/r9hd4xUmJxI)では、空高くから迫る王国「ラクガキングダム」に人々が逃げまどうなか、輝くクレヨンを手に全力で落書きをする野原しんのすけの姿が描かれている。誰もが一度は思い描く「もしも自分の描いた絵が動き出したら」という夢を描く内容で、「クレヨンしんちゃん」の人気キャラクターである「ぶりぶりざえもん」が物語の鍵を握るという。

テレビアニメ版に各話演出として参加していた京極監督は、「不思議とシリーズ初監督という実感はあまりないです。完成に向けて、自分もワクワクしながらスタッフ一同頑張っております」と意気込みを語り、脚本の高田からは、「普段は実写の脚本を書いている私に、この依頼がきたときは正直驚きましたが、普段書けないような奇想天外な物語を書けるチャンスだとも思い、ふたつ返事で引き受けました」とオファーの経緯を振り返りつつ、「しんちゃんの予想のつかない言動に私自身も翻弄されながら、自由な発想がもっとも力を持つことを信じて書きました」と述べている。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。