スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ドロヘドロ」MAPPA制作で20年1月、TVアニメ化 高木渉らキャスト7人発表

ニュース 2019年10月11日(金)18:00

「ドロヘドロ」MAPPA制作で20年1月、TVアニメ化 高木渉らキャスト7人発表

(C) 2020 林田球・小学館/ドロヘドロ製作委員会

イメージを拡大

林田球氏によるダークファンタジー漫画「ドロヘドロ」のテレビアニメ化が決定し、2020年1月から放送されることが分かった。アニメーション制作のMAPPAをはじめとする制作スタッフ、7人の主要キャストも発表され、アニメーション映像を使ったPVも公開中。

原作漫画は、2000年から「月刊IKKI」「ゲッサン」などで連載され18年に完結。悪魔や魔法使いが登場するグロテスクでユニークな世界観のもと、魔法によって顔をトカゲにされてしまった記憶喪失の男カイマンが、本当の顔と記憶を取り戻すため、相棒のニカイドウとともに自分に魔法をかけた魔法使いを探し続けるストーリー。

「ゾンビランドサガ」のMAPPAがアニメーション制作を担い、監督を「賭ケグルイ」の林祐一郎、シリーズ構成を「亜人」の瀬古浩司、キャラクターデザインを「牙狼<GARO> -VANISHING LINE-」の岸友洋、世界観設計・美術監督を「海獣の子供」の木村真二が担当する。

キャストは、カイマンを高木渉、カイマンの相棒・ニカイドウを近藤玲奈、魔法使いの世界の大物・煙を堀内賢雄、魔法使いの心を細谷佳正、同じく魔法使いの能井を小林ゆう、煙ファミリーの下っ端・藤田を高梨謙吾、煙ファミリーの居候・恵比寿を富田美憂が演じる。カイマン役の高木は、「マスクをしているという特殊な設定も、その下に隠れている表情や感情を表現するうえで声優ならではのやりがいを感じています」と述べ、「僕も林田先生の世界を楽しみながらしっかり演じていきたいと思っています」と意気込んでいる。

「ドロヘドロ」は、20年1月12日深夜12時からTOKYO MXほかで放送開始。Netflixでの先行配信も予定されている。

作品情報

ドロヘドロ

ドロヘドロ Check-in6

おいでませ、混沌。魔法によって顔をトカゲにされてしまった記憶喪失の男、カイマン。本当の顔と記憶を取り戻すため、相棒のニカイドウと一緒に自分に魔法をかけた魔法使いを探し続ける。いったい自分は何者な...

2020冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。