スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「アナ雪2」日本版エンドソングを歌うのは、19歳の中元みずき ディズニー初、デビュー前の新人起用

ニュース 2019年10月27日(日)12:00

「アナ雪2」日本版エンドソングを歌うのは、19歳の中元みずき ディズニー初、デビュー前の新人起用

新人歌手の中元みずき

新人歌手の中元みずき

イメージを拡大

社会現象を巻き起こしたディズニーアニメの続編「アナと雪の女王2」の日本版エンドソングアーティストのお披露目イベントが10月24日、都内で行われた。新人歌手の中元みずきが起用されることが明らかになり、イベントでは本作のために書き下ろされた新曲「イントゥ・ジ・アンノウン 心のままに」を熱唱した。

中元は広島県出身の19歳。中学生のときに、歌声が評価され「EXPG STUDIO BY LDH」の特待生として迎えられ、数多くのアーティストのドーム公演にサポート参加。「EXPG STUDIO」卒業後、今年開催されたユニバーサルミュージックの「女性アーティストオーディション」に参加し、最終審査を通過した後、ディズニーUS本社によるオーディションに合格した。メジャーデビュー前の新人が、日本版エンドソングを歌うアーティストに起用されるのは、ディズニーでは初となる。

パワフルな歌声で会場を圧倒した中元は「すごく緊張して、震えちゃって。出番前には『私はできる、私はできる』と暗示をかけていました」と安どの表情。今回の大抜てきに「全然信じられなくて、今でも本当に決まったのかなって。レコーディングをして、だんだん実感が湧いてきました」と喜びを噛みしめていた。

「イントゥ・ジ・アンノウン 心のままに」は未知なる世界に踏み出す主人公の背中を押す楽曲で、中元は「私も今から未知の旅に出るので、共感できるし、勇気をもらいました。そんな曲を聞いていただき、皆さんと前進していければ」と抱負を語った。実生活では姉がいるといい「正反対の性格ですが、相談したり、励まし合っている。姉妹のきずなは映画に似ていると思います。家族全員、小さな頃から応援してくれたので、みんな泣いて喜んでくれた」と話していた。

前作「アナと雪の女王」で雪と氷に覆われたアレンデール王国に陽光を取り戻し、深い絆で結ばれた姉エルサと妹アナは、エルサにしか聞こえない不思議な歌声に導かれ、「なぜ、エルサに力が与えられたのか?」という秘密を解き明かす“未知”なる冒険に旅立つ。

前作に続きエルサとアナの声をイディナ・メンゼルとクリステン・ベル、日本語吹き替え版では松たか子と神田沙也加がそれぞれ務め、監督も前作のクリス・バックとジェニファー・リーが続投する。「アナと雪の女王2」は、11月22日に日米同時公開される。

映画のことなら映画.com

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。