スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 玉城ティナ、女優としての成長認められ「うれしい」 宇宙人、地獄少女の次は?

ニュース 2019年11月22日(金)13:00

玉城ティナ、女優としての成長認められ「うれしい」 宇宙人、地獄少女の次は?

舞台挨拶に立った(左から)森七菜、 玉城ティナ、橋本マナミ

舞台挨拶に立った(左から)森七菜、 玉城ティナ、橋本マナミ

イメージを拡大

人気アニメを実写映画化した「地獄少女」の公開記念舞台挨拶が11月16日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の玉城ティナをはじめ、橋本マナミ、楽駆、森七菜、仁村紗和、大場美奈、藤田富、白石晃士監督が出席した。

2005年に第1期が放送され、ドラマ、書籍、ゲーム、舞台など幅広く展開された人気オリジナルテレビアニメ「地獄少女」を実写映画化。「深夜0時に開く秘密のサイト『地獄通信』に依頼すると、恨みを晴らしてくれる」地獄少女こと閻魔あい(玉城)が、依頼人の報復を代行する。11月15日に全国103スクリーンで封切られた。

難役を演じきった玉城は「ほっとした気持ち」と心境を語り、「閻魔あいは今まで演じたことがない役なので、(役作りへの)アプローチも違う形で取り組ませてもらった」と述懐。「いっぺん、死んでみる?」など地獄少女ならではの決めセリフも多く「そのときは、1回もまばたきはしていない。我慢していると、目がどんどん乾いてきて、コンタクトレンズの視点が合わなくなった」と苦労を語り、「人間じゃない役は意外とやっていて(笑)、宇宙人も演じていますし、これで宇宙と地獄はやったので、他に何ができるかなと考えている」と夢を広げていた。

「貞子vs伽椰子」に続き、玉城とタッグを組んだ白石監督は「すばらしい役者さんになっていて、今回はほとんどお任せでした。玉城さんが作ってきたキャラクターも、どんぴしゃで。演技については何も言っていない。頼もしかったです」と女優としての成長を絶賛。当の玉城は、「何も言われなさ過ぎて不安でした。嫌われているのかなって(笑)。でも、そう思ってくださり、うれしいです」と笑顔を見せていた。

橋本は原作屈指の人気キャラクター・骨女を演じ「当初は私が演じるということで、賛否もあり不安だったが、監督が『大丈夫だから』と言ってくださり。今のところ、批判は届いていません」と安どの表情。ただ「濃厚なキスシーンがあり、頑張ったがカットされた」と恨み節も。地獄少女を呼び出す女子高生役の森は「今日も8人中3人(玉城、橋本、楽駆)が妖怪ですけど……、私は一番普通というか、平凡なので、皆さんに共感してもらえるように普通さを大切にした」と話していた。

映画のことなら映画.com

作品情報

地獄少女 宵伽

地獄少女 宵伽 Check-in19

午前0時にだけアクセスできる「地獄通信」。
ここに晴らせぬ怨みを書き込むと、地獄少女が現れて憎い相手を地獄に落としてくれる……。若者たちの間で広がった都市伝説のような噂だったが、実は本当の事だっ...

2017夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 舞台挨拶に立った(左から)森七菜、 玉城ティナ、橋本マナミ

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。