スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > ほしのゆめみの過去を描く「planetarian」外伝、OVA化を目指すクラウドファンディング始動

ニュース 2019年11月22日(金)21:30

ほしのゆめみの過去を描く「planetarian」外伝、OVA化を目指すクラウドファンディング始動

イメージを拡大

2004年に発売されたPCゲーム「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」を原点とする「planetarian」シリーズから、外伝小説「planetarian~雪圏球(スノーグローブ)」のアニメ化を目指す、15周年記念クラウンドファンディングの実施が決定した。

「planetarian」シリーズは、世界大戦後の星すら見えなくなってしまった封印都市を舞台に、誰も訪れないプラネタリウムで解説員を務めるロボット“ほしのゆめみ”と、都市をさまよう戦闘機械(メンシェン・イェーガー)の襲撃から逃れてきた謎の男“屑屋”の交流を描く物語。アニメ版は、16年に「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」が配信、劇場版「planetarian~星の人~」が公開され、17年からは各地のプラネタリウムで「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~ プラネタリウム特別版」も上映された。

外伝小説「planetarian~雪圏球」は、宇宙開拓が終焉を迎えつつある平和だった時代で繰り広げられる、本編の前日譚にあたるハートフルストーリー。花菱デパート・プラネタリウム館のコンパニオンロボットであるゆめみは、10年前のとある約束のために職場放棄を繰り返していた。

原作ゲームの発売記念日である11月29日正午から、CAMPFIREではじまるクラウドファンディングでは、目標額3000万円を達成することで、約20~25分のOVA制作が決定する。スタッフは、「あかねさす少女」の玉村仁を監督に迎え、アニメ版「planetarian」本編の監督を務めた津田尚克がスーパーバイザーとして参加。キャラクターデザインの竹知仁美、脚本のヤスカワショウゴらも本編から続投し、アニメーション制作は、本編を手がけたdavid productionのスタッフが新たに立ち上げたオクルトノボルが行う。YouTubeでは、シリーズの歴史を振り返り、OVA化プロジェクトへの橋渡しとするプロモーションビデオを公開中。

ゆめみ役のすずきけいこは「最初に雪圏球を収録したドラマCDから数えてもう10年以上経ちましたが、いまでも多くのファンの方が覚えていてくださって大変うれしいです。いったん劇場版『星の人』でゆめみの物語は完結していますが、平和だった頃の花菱デパートをもう一度覗いてみたくなりませんか? 映像化、ぜひ実現できるようにご支援よろしくお願いします」とプロジェクトへの参加を呼びかけている。

作品情報

planetarian ~ちいさなほしのゆめ~

planetarian ~ちいさなほしのゆめ~ Check-in21

世界大戦後の降りやまない雨の世界。細菌兵器の影響で、人々に見捨てられた最も危険な街【封印都市】。その、デパートのプラネタリウムに、ロボットの少女がいた。彼女の名前は“ほしのゆめみ”。彼女はプラネ...

2016夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。