スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 疾走感MAX、瞬き厳禁 「ソニック・ザ・ムービー」日本語吹き替え版特報が完成

ニュース 2019年12月11日(水)12:30

疾走感MAX、瞬き厳禁 「ソニック・ザ・ムービー」日本語吹き替え版特報が完成

「ソニック」シリーズを米ハリウッドで実写映画化

「ソニック」シリーズを米ハリウッドで実写映画化

(C)2019 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

イメージを拡大

セガの人気ゲーム「ソニック」シリーズを米ハリウッドで実写映画化する「ソニック・ザ・ムービー」の日本語吹き替え版特報映像が、このほどお披露目された。

「ソニック」シリーズは、1991年に発売された「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」以来、様々なゲーム機向けに展開された大ヒット作品。目にも止まらぬスピードでゲームステージを駆け抜ける革新的なゲーム性、音速で走る青いハリネズミ“ソニック”のクールなキャラクターが、世界中のゲームファンの心をつかんだ。全世界でのシリーズ累計販売本数は、約9億2000万本(ダウンロードを含む)となっている。

「ワイルド・スピード」シリーズのニール・H・モリッツと「デッドプール」「ターミネーター ニュー・フェイト」のティム・ミラー監督がプロデュースを務め、アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートを果たしたジェフ・ファウラーが実写初監督に挑戦。「X-MEN」シリーズのサイクロップス役で知られるジェームズ・マースデン、「マスク」「イエスマン “YES”は人生のパスワード」のジム・キャリーが出演している。

ピンチの連続に“トップギア”で立ち向かっていく

ピンチの連続に“トップギア”で立ち向かっていく

(C)2019 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

イメージを拡大

故郷を離れ遠い地球にやってきたソニックが、ひょんなことから出会った保安官トム(マースデン)と相棒となり、ソニックのスーパーパワーを狙うドクター・ロボトニック(キャリー)の野望を阻止するために大冒険を繰り広げる。特報では、自慢の超高速アクションで世界中を駆け巡るソニックが、大型車を吹っ飛ばしてクールな表情を浮かべたり、トムの愛犬と張り合いつつ一瞬にして打ち解けるチャーミングな一面も。「ヘヘっ!」「よせって! 降参、降参~!」とティーンエイジャーらしい、少し調子乗りで憎めない魅力も全開だ。

アメリカでは「スター・ウォーズ」シリーズのBB-8役で知られるベン・シュワルツが、ソニックの“声”を担当。今回の特報では、日本版吹き替え声優の“声”も使用されているが、その詳細は近日に発表される予定だ。「ソニック・ザ・ムービー」は、20年3月27日に全国公開。

映画のことなら映画.com

フォトギャラリー

  • 「ソニック」シリーズを米ハリウッドで実写映画化
  • ピンチの連続に“トップギア”で立ち向かっていく

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。